1. 風俗出稼ぎHOME
  2. 元出稼ぎ風俗嬢が斬る
  3. 関東にある色街の移り変わりを解説!
ひとみさん
関東の色街はどのくらいあるの? 関東の色街を徹底特集

1.宿の飯盛女から始まったソープ街になった堀之内

関東首都圏を代表するソープ街のひとつである川崎の堀之内は、江戸時代の飯盛女から色街の文化が始まります。東海道の宿場町であった川崎では、旅人が宿泊できる宿が数多く存在していました。また数十人程度の「飯盛女」がおり、宿の中で一夜を共にすることもできました。戦後も青線地帯として売春が行われていましたが、1957年の売春禁止法の施行により多くの売春宿は廃業しますが、その後ソープの前身であるトルコ風呂の許可地域となります。お城をイメージした高級店ができるなどトルコ風呂の街として栄え、現在もソープのサービスで使われる「泡踊り」を開発した女性もいました。「泡踊り」が全国に普及し、女性の接客・サービスのレベルが高い街という評価を得たこともあり、現在でも多くのソープ店が軒を連ねるソープ街となっています。

2.空軍の慰安所から歓楽街に発展した桜町

ソープ・ヘルスなど店舗型の風俗店が盛んな土浦の桜町は、戦前から軍人の慰安所として存在していました。明治時代から続いていた花街ですが、霞ヶ浦が近いこともあり、もともとは湿地帯となっていました。近隣には空軍の訓練場があったこともあり、大正時代の末期に彼らの慰安所として遊郭のような施設が登場します。また警察が取り締まりをしやすいよう、料亭・カフェなどの飲食店をこの地に集中させたことから、多くの人に利用される歓楽街となりました。戦後は赤線地域として売春のできる特殊飲食店が複数存在し、売春禁止法の施行後はトルコ風呂として残ります。現在でもトルコ風呂から移行したソープ店やヘルス店など、店舗型の風俗が盛んな歓楽街となっています。

3.更地からスタートして華やかな花街になった吉原

東京を代表する風俗街のひとつである吉原は、元々は人形町の近くにある何もない更地に誕生しました。夜盗が出るなど治安が悪いエリアで、それを少しでも良くするために遊郭をつくったことが吉原の始まりです。その後江戸幕府の都合によって度々移転しますが、武家や商人など多くの男性が利用する華やかな雰囲気の花街として栄えます。ただ明治以降はセレブやVIPの社交場が吉原のある下町エリアではなく、東京の中心部にうつったこともあって規模が縮小しました。戦後は赤線地域となりますが、売春禁止法が施行されると遊郭としての歴史は幕を閉じます。遊郭の一部はトルコ風呂に転身し、ソープに名称が変わった後はバブル景気もあり多くの人で賑わいました。現在も数多くのソープ店が点在するなど、日本有数の風俗街として残っています。

過去のコラム

    お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

    下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
    もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
    出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

    ※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
    ※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

    お名前 (例)あい
    メールアドレス (例)xxxx@xx.com
    電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
    ご希望エリア
    生年月日
    お悩み・質問等

    ※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

    あなたは現在、18歳以上ですか?
    (高校生不可)

    はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

    ※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

    ID:work2015