1. 風俗出稼ぎHOME
  2. 元出稼ぎ風俗嬢が斬る
  3. 出稼ぎ風俗における失敗例
ひとみさん
出稼ぎの失敗例特集
どんな失敗例があるのでしょうか?

1.徐々に給料が少なくなる

風俗の出稼ぎにおける失敗例のひとつは、仕事を始めた頃をピークに徐々に給料が少なくなることです。仕事をする女性としては出稼ぎ初日に多くの男性客に接客を行い、高収入を獲得できたということで、今後はもっと稼げるのではという気持ちになります。ただお店側としては、繁忙期に人が少ないときの穴埋めで出稼ぎ女性を採用することも多く、初日やその後数日間以外は全く男性客が訪れないことも多いです。また「新人」として大々的に宣伝したため指名が増えた側面もあり、男性客にアピールができなければ指名数・給料も減っていきます。初日やその後数日稼げたことで出稼ぎ期間を延ばす人もいますが、思ったより稼げない日が続いて、失敗したと認識するケースも多いので気を付けましょう。

2.地元と出稼ぎ先の風俗事情を同じと考える

地元ではホテヘルが人気だが、出稼ぎ先ではオナクラが盛んといった風俗事情の違いを認識していないことも、風俗出稼ぎの失敗につながります。大阪では短時間・低価格で利用できるオナクラ、受付のある雑居ビルやホテルが多い池袋ではホテヘルと、地域によって人気のある業種は異なります。それ以外でも人気の風俗店の価格帯・利用されることが多い時期・地域で人気のシステム・人気の出る女性のタイプなど、街によって差が出る部分は多いです。地元で人気の業種が出稼ぎ先では全く人気がないことも多いので、自分が住む街の風俗事情と同じと考えると、接客機会が減り、歩合給の風俗で稼げない状況におちいります。それを避けるためには、求人情報サイトなどで地域情報を確認しておくことが大切です。

3.情報サイトに出るなどの露出をする

友人や知り合いが来ることのない遠方他地域の都市の風俗に出稼ぎをしているという気のゆるみから、顔出し・風俗情報サイトへの露出をすることで、身バレという失敗につながることもあります。風俗の出稼ぎをする女性の中には、地元の知り合いにバレたくないという気持ちが強い人が多いです。地元や近隣の街で働くときは細心の注意を払いますが、遠方他地域などバレる危険性が少ない地域に来ると安心してしまう人もいます。お店のHP・風俗情報サイトに顔出しをしてボーナスが出ることも多いので、大きく稼ぐために顔出しを行う女性も多いです。ただ風俗情報サイトやお店のHPは全世界の人が見ることができ、たまたまサイトを見たことでバレてしまうこともあるので注意しましょう。

過去のコラム

    お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

    下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
    もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
    出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

    ※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
    ※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

    お名前 (例)あい
    メールアドレス (例)xxxx@xx.com
    電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
    ご希望エリア
    生年月日
    お悩み・質問等

    ※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

    あなたは現在、18歳以上ですか?
    (高校生不可)

    はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

    ※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

    ID:work2015