ひとみさん
本当は、チップをもらって嬉しい気持ちだけど...。
チップをもらってどう対処したら良いのか分からないデリヘル嬢さんにこの記事がオススメ!

デリヘルに来るお客さんの中には、デリヘル嬢に対し、通常の料金以外に「チップ」をくれる人もいます。チップの金額は、大体500円〜数万円程度とかなり差があります。小銭をくれるお客さんは「これで飲み物でも買って」と言いながら渡してくれる場合が多いようです。また、数万円の金額を渡してくる場合は、そのデリヘル嬢のことが気に入って、リピーターになるつもりで渡してくれている場合が多いようです。しかし、ここまで金額に開きがあると、人によってはちょっと戸惑ってしまうかもしれませんね。

お客さんにチップをもらったときには、どのように対応すれば良いのでしょうか?

お客さんがチップをくれたら……言うことを聞かなきゃならないの?

例えば、500円程度のチップであれば、気兼ねなくもらえますが、それが数万円ともなると、かなりの金額です。下手をしたら、プレイ料金と同じくらい、もしくはそれ以上の金額のチップをもらうことも、稀にではありますがあります。そんなときには、デリヘル嬢側の心理としては「こんなにチップをもらったんだから、サービスをしなければ……」と思ってしまうかもしれません。

お客さん側としても、結構セコいことを考えている場合も多く、普通チップというものはしてもらったサービスに対してのお礼として渡すものですが、「サービス良くして」という意味でプレイ前に渡してくるお客さんもかなり多いようで、プレイ前に渡された場合は、やはりデリヘル嬢側としては、もらったからにはそれ相応のことをしなければ……とプレッシャーになり、例えやりたくなかったとしてもやらざるを得ないような気持ちにさせられてしまいます。

しかし、チップをもらったからと言って、必ずお客さんの言うことを鵜呑みにして全部聞かなければならないかといえば、そんなことはありません。もし、チップを渡したのだから、と脅してくるようなお客さんがいるのであれば、チップを返してお断りしてしまっても良いのです。

また、前回チップを渡したのだから今回サービスしろ、と言ってくるお客さんもいますが、そういうお客さんも無視してしまって良いでしょう。もちろん、デリヘル嬢が自らサービスしたいと思わせてくれるようなお客さんにはサービスしてあげれば良いと思いますが、やれる範囲内で誠心誠意の接客を心がけているのであれば、本番をさせなければならなかったり、生でやらなければならなかったり、という過剰接客をする必要はありませんし、誰か一人がそういった過剰接客をやり始めてしまうと、業界全体がそれに引きずられてしまうため、結果的に皆が過剰接客を求められるようになってしまい、風俗のプレイの相場が値崩れを起こしてしまいます。

チップをもらったら、デリヘル店に報告の義務はある?

チップをもらった場合、それはあなたのサービスの良さに対してもらったわけですから、特にそれをデリヘル店に報告する必要はありません。ただし、中にはチップをもらったらそれをデリヘル店に渡して皆で分ける、というようなシステムのお店もあるようですので、そこはお店それぞれ、ということになります。

リップはむしろもらって当然? そんなことはありません!

チップをもらうのが常習化しているデリヘル嬢の中には、むしろチップをもらえなかった場合に地雷接客をする、なんていう人もいるようですが、それは大きな間違いです。もちろん、チップをもらえたら嬉しいものですが、そもそも通常のプレイ料金にサービス料等全ての料金は含まれているわけですから、そこにプラスしてチップを払う義務はお客さん側にはないのです。

ただでさえ高額なプレイ料金を払って遊びに来てくれているのですから、それだけでも感謝の気持ちでお仕事するべきです

過去のコラム

    お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

    下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
    もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
    出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

    ※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
    ※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

    お名前 (例)あい
    メールアドレス (例)xxxx@xx.com
    電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
    ご希望エリア
    生年月日
    お悩み・質問等

    ※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

    あなたは現在、18歳以上ですか?
    (高校生不可)

    はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

    ※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

    ID:work2015