ひとみさん
デリヘル嬢さんも夏場の顔のはしっかりと!
本当に夏場になると顔がベタベタになってお客様にあわす顔がなくならないようにしっかりケアを!

猛暑の夏場、デリヘル嬢を悩ませるものの一つとしてあげられるのが、滝のように流れる汗……。ホテルに着いてしまえば、男性は暑がりですので、むしろ寒いぐらいにエアコンが効いていますが、ホテルから一歩外に出ると、サウナの中のような日本の暑さが事務所とホテルを行き来するデリヘル嬢を襲います。車での送迎があれば良いですが、首都圏で働くデリヘル嬢の中には、ほぼ事務所近くのホテルが家の仕事しかないという場合もあり、そうなってくると自分の足で歩いて事務所とホテルを往復しなければならなくなりますので、1日中汗をかいてはホテルに到着してシャワーを浴び……というのを繰り返すことになります。
シャワーを1日に何度も浴びるのであれば、夏場で汗を大量にかいても清潔感が保たれるように思いがちですが、しかし一点注意したいのは、デリヘル嬢は何度もシャワーを浴びても顔をあまり洗うことはありません。こってりと化粧をして、シャワーを何度も浴びるので、シャワーの熱気と湯気で顔の毛穴は全開に。汗がじんわり滲んでも、プレイが終わればまたその上から化粧を叩いてヨレを直し、次のお仕事へ……というのが続くわけですが、それがお肌に良いわけはありません!

毛穴を塞ぐ汗、皮脂、化粧が肌荒れの原因に……!!

夏場にコッテリと化粧をしてしまうと、汗、皮脂、化粧のトリプル攻撃で毛穴が塞がれてしまい、炎症の原因となってしまいます。夏になると、顔が何だか痒くなって、吹き出物がブツブツ出てくる……という方は、毛穴が詰まって炎症の原因となってしまっているのかもしれません。それを防ぐためには、しっかりとした洗顔と保湿、そしてメイクの仕方にも気をつけましょう。
まず、仕事前に化粧をする際には、顔全体をしっかりと保湿してあげましょう。その際に「ベタベタするのがイヤだから」といって化粧水だけ塗って乳液を使わない……なんていうことは、絶対にNGです! 化粧水をいくら塗っても、その上に油分を含んだ乳液やクリームで蓋をしてあげなければ、お肌に潤いはキープできません。夏場でべたつきが気になるといっても、必ず乳液やクリームは使用してください。

そして、夏場は化粧の厚塗りには特に気をつけたいところ。シミやシワを隠したくて塗れば塗るほどヨレやすくなり、またヨレたときに直すのが大変です。そうやって、何度も化粧直しをしていると、化粧がヨレやすくなるばかりではなく、汗と皮脂でベトベトになっているお肌にファンデーションのスポンジを何度もあてることで、今度はそのスポンジに雑菌が繁殖してしまいます。雑菌だらけのスポンジを肌にあてるのは、お肌にとって自殺行為です。化粧直しの際には、ちょっと荷物になっても使い捨てのスポンジを持ち歩くようにした方が良いでしょう。

夏場の肌荒れを気にするなら、UVケアにもご注意を

夏場の肌荒れのもう一つの原因は、紫外線です。紫外線を浴びることにより、お肌が乾燥して保湿力が下がり、肌荒れを引き起こします。また、紫外線を浴びるとシミやシワの原因にもなりますので、UVケアはしっかりとしておきましょう。

顔にはたっぷり日焼け止めを塗る、というデリヘル嬢は多いでしょうが、案外忘れがちなのが首筋や顎の下。秋口になったら顔と首とで肌の色が違う、なんていう悲劇が起きないように、顔だけではなく顎の下も首も忘れずに日焼け止めを塗るようにしてくださいね。

夏場の肌荒れ対策は、面倒でも毎日、そしてお仕事後には毎回ケアしてあげることが重要です。ちょっと面倒ですが、冬場に比べて夏場は汗をかいて、その後ガンガンに効いたエアコンに晒されて……ということを繰り返すうちに、肌に刺激を受けやすくなっていますので、しっかりと労ってあげてください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015