ひとみさん
私も昔風俗嬢働いている時は良くパネマジをしていました。
パネマジをすることによってどんな事がおきるのかここで解説!

デリヘル店では、お店のホームページを見てお客さんは好みのデリヘル嬢を選び、予約の電話を掛けてくるわけですが、お店のホームページに掲載している写真があまりにも実物とかけ離れて美しく修正されていると「あのデリヘル嬢はパネマジ地雷だから...」などと揶揄されてしまうことに。「パネマジ」とは「パネルマジック」の略称で、フォトショップ等の画像修正ソフトで修正しまくったプロフィール写真を使用していると、パネマジと言われてしまうようです。

女性であれば、誰もが美しくありたいと思うのは当然のことですが、あまりにも実物と写真がかけ離れていると、写真を見て一目惚れしてきたお客さんが、実物を見てガッカリしてしまい、詐欺だと騒がれてしまいます。

最近では、スマホでも画像修正アプリは数多くリリースされており、Instagram等のSNSに自分の写真を投稿する際には必ず写真を「盛って」から投稿している人も少なくありません。そのように、風俗で働いている女性でなくても女性は皆、気軽に写真を「盛る」のが当たり前になってきてしまっていることもあり、風俗でもパネマジして当然、という風潮がありますが、男性側からしてみると、そこはやはり「騙された」と感じてしまううようです。

例え本人がやりたくなくても、お店が勝手にパネマジ写真を使う場合も…

デリヘル嬢の中には、自分の写真をパネマジされるのが嫌、という人もいるようですが、しかしお店側が勝手に在籍しているデリヘル嬢全員の写真を大幅に修正して強制的にパネマジさせてくるお店もあります。そうなると、自分のせいではないのに、お客さんから「写真と現物が違いすぎる」というクレームを受けてしまい、腹立たしい気分になってしまうこともあるでしょう。しかし、お店の方針でデリヘル嬢全員にパネマジ必須である場合は、いくら自分がパネマジしたくなくても、せざるを得ません。

お客さんはもちろん、パネマジを嫌います。しかし、最もお客さんに嫌われるのは、パネマジ地雷ではなくサービス地雷です。ドア先で「チェンジ」されてしまった場合はもうどうしようもありませんが、チェンジされなかった際には、ガッカリされているのがはっきり分かったとしても、誠心誠意でサービスしましょう。手厚いサービスをすることにより、思っていた容姿ではなく多少ガッカリされたところで、それを挽回してリピーターにすることも可能です。丁寧なサービスは、もっともお客さんの気持ちを掴んでくれます。

パネマジをするならやり過ぎないくらいが丁度良い

もし、自分でどの程度写真を修正するかの指定ができるのであれば「もうちょっとやった方が良いかな?」と思う程度で修正を止めておくようにしましょう。化粧と同じで、写真の修正はやり始めるともう少し、もう少し……とやり過ぎてしまうものです。お肌の質感を整えて、ウエストを少し絞り、目を少しぱっちりとさせて……という程度でやめておきましょう。あまりにも整えてしまわずに、少し欠点を残すぐらいにした方が、生きた人間らしい温かみを感じられるものです。

また、お店によっては作業をするデザイナーが同じであるため、全てのデリヘル嬢のパネマジが同じような顔になってしまう場合も。
あまりにも全員が同じ顔だとお客さんは警戒しますので、少しは変化をつけてもらえるように交渉した方が良いでしょう。

とはいえ、周りのデリヘル嬢が全員コテコテにパネマジ写真を使っている中、自分だけパネマジなしだと浮いてしまいますので、そこはある程度お店の方針に合わせるようにした方が良いのではないでしょうか。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015