ひとみさん
男性も乳首が感じるのでしょうか?
乳首責めをしてほしい男性。して欲しくない男性。してほしいけど言えない男性。

デリヘルやファッションヘルスのように本番がない風俗では所謂キスや愛撫といったペッティングが主流になってきます。初心者だと男性のどこが気持ちいのか?どこが性感帯なのかわからないということも多いのではないでしょうか?それもそのはず男性は女性よりも鈍感に体がつくられており性感帯が見つけずらいようになっています。
しかし男性の中でも敏感なひとはいますし、性感帯を開発すれば女性と同じように感じるようになります。今回はそんな体の中でも性感帯になりやすい乳首について特集していきます。男性の乳首って感じるのでしょうか?

男性の乳首って感じるの?

結論から言うと男性の乳首は性感帯です。 医学的な観点からいくと粘膜部分は全て性感帯になります。唇、乳首、性器、アナルなどがそれに当たります。特に粘膜同士の密着の快感は強く、お互いに感じた場合、ピリピリとした甘い感覚、ゾクゾクとした刺激などを共有することができます。

では何故乳首が感じない男性が多いのでしょうか?
まず根本として個人差の問題です。粘膜といっても人によって薄い粘膜の人厚い粘膜の人それぞれいます。薄い粘膜の人は比較的感じやすく、厚い粘膜の人はあまり感じないというような作りになっています。ですので初めから乳首が感じやすい人、乳首が全く感じない人など人によって様々いるというわけです。
二つ目に男性の乳首は未開発であることが多いというのが理由です。
唇や性器などは生活をしていく上でも接触したり使うことが多いですが、乳首は男性にとってはただそこにあるものくらいでしかありません。男性がするオナニーでも乳首を自分で責めるという人も少なく、あまり触られないという理由から性感帯になっていない人が多くいるのです。

乳首を開発した方がいいの?
それは男性によって変わってきます。乳首は基本的には性感帯ですが乳首に触られることに違和感を感じたり拒絶したり、中には乳首が感じる事に恥じらいを抱く人もいます中には乳首が感じる事に恥じらいを抱く人もいます。
比較的Mな男性は乳首を触られることに抵抗がありませんが、Sの男性や責めに徹したい男性は乳首を責められることを嫌がる傾向があります。

乳首を開発するには?

男性の乳首を開発するにはどのようにすれば良いのでしょうか?男性の中には乳首が感じないという人もいます。そういった男性の乳首を感じるようにするにはどうすれば良いのでしょうか?
まず、乳首だけを刺激し乳首を感じるようにするのはハードルが高くなります。まだ乳首が未開発の場合感じやすい部分と合わせて乳首を愛撫してあげましょう。例えばキスをしながら、または性器と一緒に乳首を愛撫します。なんども乳首を愛撫することによって乳首が性感帯へと開発され中には乳首を触るだけで勃起をしたり、女性のように感じられるようになります。

マッサージをしながら乳首を開発する

男性の中には乳首を触られるのがいやという人もいます。もちろん無理強いをする必要はありませんが、乳首を開発することによってイクのが早まる傾向があります。また性感帯が増えた方が女性側もサービスする方が簡単になるため風俗の女性が乳首をせめてあげるとよいでしょう。男性は普段のセックスで乳首をいじられることはありません。ですのでこういった時に乳首を開発し新しい快感を与えてあげましょう。またマッサージをしながら乳首を開発するというようにするとほとんどの男性は受け入れてくれるようです。マッサージのついでに乳首を開発してあげましょう。

いかがでしたでしょうか?今回は「男性も乳首感じるの?」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

    お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

    下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
    もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
    出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

    ※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
    ※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

    お名前 (例)あい
    メールアドレス (例)xxxx@xx.com
    電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
    ご希望エリア
    生年月日
    お悩み・質問等

    ※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

    あなたは現在、18歳以上ですか?
    (高校生不可)

    はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

    ※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

    ID:work2015