1. 風俗出稼ぎHOME
  2. 元出稼ぎ風俗嬢が斬る
  3. 『おさね』『へのこ』とはいったい何?
ひとみさん
大人気風俗用語シリーズ! 風俗用語や隠語などをご紹介していきます!

大人気風俗用語特集です。今迄風俗業界などで使われている言葉やネットの世界で使われている言葉などを特集しましたが、今回は少し指向を変えていきたいと思います。
『おさね』『へのこ』ってみなさん聞いた事ありますか?実はこれ、江戸時代などに使われていた古い言葉なんです。いつの時代も風俗用語は隠語と言って隠された言葉を使っていました。
今回は皆さんの知らない古い風俗用語をお伝えしていきます。

『おさね』『へのこ』っていったい何?

『おさね』とはいったい何の事を言っているのでしょうか?おさねとは『クリトリス』の古い言葉です。古語でクリトリスの事を『さね』と呼んでいて、その言葉におが付き『おさね』と言われていました。他にも陰唇といわれたりもしていましたが、古語のほかにも地方によって言い方が違うという説もあります。
例えば女性器の言い方なども多くあり、オメコやオソソ、オカカ、メンチョ、ペッペやアッペという様に地方によって言い方が違います。
現在は古語は使われていませんが、昔から使われていた言葉で呼ばれている事が多くあります。
では『へのこ』は何の意味なのでしょうか?
『へのこ』とは古い言葉で男性器の事をさします。
マラやハゼ、ホコと呼ばれる事もありますがこのへのこは現在、男性器以外のことで使われています。
『へのこ』とはもともと『ほこ(陰茎)』がなまり、へこになりへこにのが付いて『へのこ』と呼ばれるようになりました。男性器が垂れてしまう事を『へこたれ』といい今では、へこたれるな!といわれたり、ヘタレと略されて今現在も使われていますね!

沢山の風俗古語

『おさね』の他にも沢山の風俗古語が存在します。例えばキスなども、接吻と言う言葉がありますが、口と口をつなげる事から上下につなげ『呂』と表現したりもしています。
『筆おろし』なども昔から使われていた言葉で、意味は男性の初体験のことを言います。筆の事を男性器にみたてる言い方ですが、昔はある一定の年齢になると遊郭の実演で男性に性を教えていたという文化が合ったのだそうです。
このように古い時代の事を調べていくと、今も昔も性に奔放だったという事がわかります。

他にもいろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは貴女が一番簡単だと思う方法で大丈夫です。電話やLINEでも連絡受け付けております。

過去のコラム

    お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

    下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
    もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
    出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

    ※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
    ※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

    お名前 (例)あい
    メールアドレス (例)xxxx@xx.com
    電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
    ご希望エリア
    生年月日
    お悩み・質問等

    ※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

    あなたは現在、18歳以上ですか?
    (高校生不可)

    はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

    ※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

    ID:work2015