ひとみさん
青姦について特集いたします。
今でも青姦ってやられてるの?

うだるような残暑もすぎ、過ごしやすくなってきた初秋。夜公園などに散歩にいくのも気持ちがいい季節です。さてそんな過ごしやすい夜に夜な夜な公園などで青姦が行われていることを皆さんは知っていますか?。今回はそんな青姦について特集していきたいと思います
青姦っていったい何?昔の人はみんな青姦だった?

青姦って一体何?

青姦とは屋外で行う性行為のことで、姦という言葉がついている為勘違いしやすいが、無理やり性行為を行う強姦ではなく、お互いの同意のもとで行われる和姦がほとんどなのだそう。
青姦の青は諸説ありますが、青空の下で姦淫を略したものという説と、屋根がないことを青天井と読んでいたことから青天井で姦淫の略という説もあります。
青空と書かれていますが、夜空の下で性行為をおこなっても青姦と言われ、野外セックスのことを総称して青姦と言われることが多くあります。

昔の人はみんな青姦だった?

今でこそ青姦は「人に見られてしまうかもしれない。」「悪いことをしている背徳感」などを味わう性癖のようなものですが、ラブホテルが一般に普及する1965年までは、この青姦が主流でした。昔の家は壁が薄かったり平屋などが多い為プライベートスペースがありませんでした。
その為人の目につかないような公園や学校の校舎裏や神社など人気のない場所で茂みに隠れて性行為をおこなっていたことが多々あったのです
昔の人がよく子供に『お前はあの橋の下で拾ってきた』という冗談を言いますが、実際は橋の下で性行為を行なってできた子供だった。という真実があるかどうかはわかりませんが、たとえ夫婦になっても自宅での性行為は稀だったのだそうです。

現代の青姦

ラブホテルの普及や住宅環境など改善された現代、青姦はそれほどされなくなりました。防犯の為に防犯カメラなどを設置したりと死角が減ったという理由もありますし、見つかって通報された場合は公然わいせつ罪で摘発される場合もあります。
現代の青姦の理由は外で見つかるかもしれないという緊張感や開放感など、人に見られたいという露出癖などがある人が青姦をしている傾向があります。また金銭的にラブホテルに入れない大学生や高校生、見た目的に難しい中学生や小学生が学校裏や茂みなどで行われるケースがあります。また男性同性愛者などの発展エリアとして使われることが多く、有名な公園は今でもいくつか存在しています。

青姦と出歯亀

青姦と一緒に問題となっているのは出歯亀です。デバガメとは覗きの意味で青姦が行われている所には必ずいると言ってもの過言ではありません。
デバガメとは明治時代に覗きから殺人を犯したとされる亀太郎という男の身体的な特徴が出歯であったことからデバガメと言われ、それ以降覗き行為をデバガメと言われるようになりました。中には行為に没頭しているカップルから財布を抜き取ったりというように窃盗なども行われていたそうです。
カップルのデートで有名な井の頭公園は青姦スポットとして有名だったそうで、そういった場所はデバガメ行為の格好の仕事場でもありました。井の頭公園の周りにラブホテルが多く立っているのはその為なのだそうです。

いかがでしたでしょうか?今回は青姦をテーマに特集しました。寒さが落ち着いた春先や蚊や虫がいなくなる秋口は実は青姦の季節でもあります。夜散歩をしていたら‥っという事もあるかもしれませんね。

過去のコラム

    お問い合わせフォーム

    お問い合わせフォーム

    下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
    もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
    出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

    ※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
    ※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

    お名前 (例)あい
    メールアドレス (例)xxxx@xx.com
    電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
    ご希望エリア
    生年月日
    お悩み・質問等

    ※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

    あなたは現在、18歳以上ですか?
    (高校生不可)

    はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

    ※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

    ID:work2015