月間に出稼ぎ風俗に行っている女の子の人数って?>

どのくらいの女の子が出稼ぎに行っているのでしょうか?

時期や期間などによりますが月間平均して2万人の女の子が出稼ぎに出ています。

やはり一番出稼ぎにでる人口が多くなるのは夏休みと春休みの時期です。なぜ夏休みと春休みの時期が出稼ぎの人口がふえるかというと、長期の休みが取れるという事もひとつにありますが、学費を払う時期が近いという事も理由の中で多いのではないでしょうか?

専門学校の場合学費が3月、4月の前半に支払うものと9月、10月の後半に払うものと2回に別れますですので、学費を払うために出稼ぎに行くという学生が沢山います。

時期をずらして見るのも手

夏休みや、春休みのような長期休みの期間は、風俗業界はにぎわいます。お客さんもかき入れ時という場合が多いですが、このような時期を外していくというのもひとつの手です。夏休みや春休みに出稼ぎに行く女の子は、その時期にしかで稼ぎにいけませんので時期がすぎてしまうと、帰ってしまいます。

狙いめは多忙期がすぎたあたりです。女の子もいなくなり、お店も女の子をほしがります。こういう時期は、例えば保証制度などの条件がよくなったり待遇が良くなったりするのです。

短期、1日だけでも出稼ぎをしてみて

出稼ぎというと、1ヶ月や長期のイメージもありますが、実は3泊4日や1泊2日での短期の出稼ぎも人気があります。なぜかというと保証制度が付くからです。普通の体験入店だけの場合は保証制度がつきませんが、出稼ぎの場合は1日だけという場合でも保証制度が付くところが多いのです。しかし気をつけなければならないのが交通費です。

1日や短期の場合は交通費を出してくれないというお店が多いので、事前に確認をとることをオススメします。

無料カウンセリング予約はコチラ

出稼ぎ・住み込みバイトに関する記事