出稼ぎで重要なお得な保証制度とは?

よく風俗求人で見かける保証制度。一日の保証5万円〜8万円保証という文字を見かけます。この保証制度というものは出稼ぎには必ずつくシステムです。風俗業のほとんどが、時給制では無く歩合制で1時間2時間待機していてもお金はもらえません。お客さんの指名などでお客さんがついて始めてお給料が出ます。一日お客さんが付かない事をお茶を挽くやボウズと風俗用語では言われます。
話はずれましたが、保証制度というものは、もしお客さんが付かなかった場合にいくらまではお店が保証してくれるというシステムです。
出稼ぎに出るという事は、その土地のことはわかりませんし期間限定でしか働く事ができません、ですのでお客さんが付かないという可能性もあります。
その不安を少しでも軽減させる為に1日いくらと値段を決めてそれ以下の稼ぎだった場合その差額をお店側負担をするというシステムなのです。
いわば風俗でいう年収のようなものです。ですので一日5万円の保証であれば10日働けば必ず50万は稼ぐ事が出来るのです。

トータル保証と日割り保証

保証制度には二種類の保証制度があります。ひとつはトータル保証、ふたつめは日割り保証です。 保証制度としては同じですが若干の違いがありますのでご紹介していきます。

◆日割り保証
まずは日割り保証からです。日割り保証は一日にいくらというように保証がつきます。例えば一日の5万円の保証金額の場合 売り上げが5万円に満たなかった場合はその差額をお店側が払ってくれます。 7日間の出稼ぎをした場合以下のような売り上げになったとします。

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
4万円 6万円 5万円 4万円 7万円 5万円 5万円

1日目と4日目が4万円しか売り上げれなかったとします。その場合当日に保証金額のの差額(5万ー4万=1万)がお店から支給され5万円のお給料を受け取る事が出来ます。
3日目、6日目、7日目に関してはそのまま5万円を受け取ることができて、保証額を超えている2日目と5日目に関しては、そのまま稼いだ分を当日受け取ることができます。

◆トータル保証

トータル保証は、出稼ぎ期間全ての売り上げからあらかじめ決めていた7日間の保証額から差し引いた金額をお店が支払われるとうシステムです。 例えば7日間出稼ぎに行くとして、1日の保証を5万円としてもらったとしましょう。その内訳が下記の内容だとします。

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
4万円 6万円 4万円 4万円 5万円 5万円 4万円

上でかかれているとおり7日間の売り上げを合計します。
4+6+4+4+5+5+4=32万円(実際に稼いだ額)

トータル保証なので、7日間×5万円=35万の保証になります。

よって、35-32=3万円が「最終日に」支給されます。

日割り保証は当日に1日の足りていない売り上げを支払ってくれるというシステムでトータル保証は最終日に出稼ぎ期間の売り上げの足りていない分が支払われるというシステムとなっています。

トータル保証と日割り保証どっちがいいの?

では、トータル保証と日割り保証どちらの方がいいのか?
実は少しではありますが日割り保証の方が有利なのです。例えば7日間でこのような売り上げだったとします。保証金額は上と同じ5万円です。

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
4万円 7万円 5万円 4万円 7万円 5万円 8万円

合計で4+7+5+4+7+5+8=40万円の稼ぎになります。

◆日割り保証の場合
1日目と4日目が保証額に達していないためそれぞれ1万円が支給され合計で2万円、総額で40+2万円で42万円の稼ぎになります。

◆トータル保証の場合
トータルの保証額が7日間×5万円=35万円、実際の稼ぎは40万円、保証金額を超えているので、そのまま40万円しかもらえません。

よって日割り保証のほうがトータル保証より、2万円多く稼げることになります。

しかし、現在の保証システムは圧倒的にトータル保証が多いです。まれに日割り保証もあるので事前に確認しておく必要があります。

無料カウンセリング予約はコチラ

出稼ぎ・住み込みバイトに関する記事