ちょんの間

出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、幾度か取り上げられて来たちょんの間、ちょんというのは、ちょっとの間、ちょっとだけという意味で、ちょっとの間で事を済ますという風俗である。関東で有名な場所は川崎の堀之内というところにちょんの間があった。しかし2005年8月に警察が街のクリーン化のもと一斉摘発を行ない今現在の堀之内はちょんの間は存在しない、同時期に横浜の黄金街にあったちょんの間も街のクリーン化により一斉摘発をうけた。現在建物などはレンタルルームなどに姿を変え、アーティストやクリエイターなどに貸しギャラリーになっているという。
このように、ちょんの間は現在終息していく中、未だにちょんの間として賑わいを見せている大阪、飛田新地について記載していきたいと思う。

大阪、飛田新地

大阪、飛田新地現在、本番行為をして賃金を貰うという行為は『売春』にあたり売春防止法の施行後、犯罪にあたる。ソープランドで本番が出来るというのは、ソープ嬢とお客との自由恋愛として成立する為で本番行為は基本的にはソープ以外ではできないとされている。
しかし、大阪の飛田新地では、未だにちょんの間が存在している。
大阪の飛田新地というところはどういった所なのか?

大阪市西成区のある地域には、「飛田料理組合」として料亭街として料亭が軒を連ねる一帯がある。 軒先に提灯に鮮やかな暖簾、広く開けられた玄関口では、ピンクのライトに照らされた中居が正座している。歳はだいたい20歳前半から30歳前半ほどの女性だ。隣には必ず老婆が一人座り、やり手婆として客と交渉をしている。
飛田新地の料亭は二階建てになっており、気に入った中居の料亭に入り、2階で自由恋愛をするという流れになっている。時間で値段が変わり15分からとまさにちょんの間とふさわしい時間。
料亭の中居は料亭によっていろいろなコスチュームに身を包んでおり、例えば料亭にふさわしい着物や全く雰囲気にそぐわないがメイド服、レースクィーンやきわどいランジェリーなどを着ている。聞けば5分おきに中居が交代して玄関口に座る、その5分が中居達にとってアピールできる唯一の時間なのだ。お客が入ってこなければお茶を挽く事になる。
みんな必死に自分のかわいさをアピールする。綺麗に見えるようにライトで照らされており、まさに看板娘と呼ばれてもおかしくない美人が多いが、通る客に向けられる笑顔はどこか物悲しく、そういった人形に見えてしまうのは私情のせいなのかもしれない。
元々は飛田新地は飛田遊郭という遊郭であった1958年の売春防止法執行以後は料亭として転向する事によって現在も当時の雰囲気を残している。現在料亭(本来の料亭)として営業している鯛よし百番が国の登録有形文化財になったが、その地域の性格上、観光地ではなく写真撮影などもタブー視されている。
顔見せをし客をとるというスタイルが現在に残る遊郭といっても過言ではなくどこかノスタルジックな雰囲気を味あわせてくれる飛田新地。しかし、いつ摘発されて無くなるかは解らない。大阪からソープランドが消えたようにちょんの間が消えるのも時間の問題なのかも知れない。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は欠きフォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015

出稼ぎ・住み込みバイトに関する記事