2018年!閑散期を乗り切る方法は?>

2018年の閑散期どう乗り切ればいいのでしょうか?

冬の繁忙期はいつまで続くのでしょうか?2018年もはじまりこれから稼ごう!と思ってものなかなか稼げない‥。毎日お茶か接客したとしても1人。5時間待機しても1日の手取りが5000円だったら普通にバイトしたら稼げるよ!と嘆いている風俗嬢の方も多いのではないでしょうか?
それもそのはず。今の季節は年末年始にお金を使いすぎた!という人達が財布のヒモをきつくする時期なのです。いわゆる閑散期と言われる時期です。この閑散期は2月の終わりころまで続きます。
この閑散期を乗り切るにはどうすれば良いのでしょうか?

2018年の閑散期を乗り切るには?

2018年のキーワードは景気です!あまり体感はないかもしれませんが、確実に景気が良くなってきています。2020年のオリンピックや新しい年号での出発なども合間って、ここ2年3年は景気が上り調子!と予想されています。
しかし風俗の世界にその恩恵がくるのはまだ先になりそうです。そんな中、閑散期を乗り切るにはやはり景気のいい場所に出稼ぎに行くことです。
景気のいい出稼ぎ場所ってどこ?
そうなると、どこに出稼ぎに行けばいいのか?という疑問が出てきます。
まず閑散期にオススメなのが沖縄への出稼ぎです。2月は日本全土が閑散期なのですが沖縄だけその閑散期がないのです。なぜかというと2月の沖縄はいろいろなイベントがあるから、なのです。
沖縄映画祭やプロ野球のキャンプなど沢山のイベントがあり、観光客も一気に増える時期です。
歓楽街や風俗街も男性客で賑わいますので、そのながれで風俗に行く男性も多くいるのです。逆にこの時期以外の沖縄はあまり稼げないのだとか。
出稼ぎに行くなら暖かい観光地にリゾート感覚で行ってみてもいいでしょう。

プチ出稼ぎで保証制度を活用する!
閑散期の場合普通に働いても稼ぐことはできません。保証制度を活用することをオススメします。保証制度とは1日のいくらまで保証してくれる金額での保証と何人までは絶対につけてくれる人数の保証があります。この保証制度があれば確実に1日に稼ぐことができますしお茶を引くことはありません。

ではどうすればこの保証制度を受けることができるのでしょうか?一番は出稼ぎをするということです。出稼ぎにはすべて保証制度がつきます。しかし出稼ぎするのは、ちょっと勇気がいるし面倒という場合は出勤まで30分から1時間ほどで行けるプチ出稼ぎです。プチ出稼ぎでも保証制度がつきますので出稼ぎに行けないという人でも保証を受けることができます。

閑散期はお店を探してもいいかもしれません

閑散期はお店に在籍していてもなかなか稼ぐことはできません。そういう時は新しいお店を探すというのも手です。稼げないお店にいてもしょうがないですので、いろいろなお店に体験入店をして体入で稼ぐというのも良いのではないでしょうか?

いかがでしたでしょうか? 今回は2018年!閑散期を乗り切る方法は?を特集いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※一般職業をご希望の方は風俗卒業希望と書いていただけるとスムーズです。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015

出稼ぎ・住み込みバイトに関する記事