1月・2月・3月の風俗の働き方>

1月・2月・3月の風俗でどう働けば良いのでしょうか?

1月・2月・3月の風俗の働き方年末年始が過ぎ繁忙期も落ち着き始める1月2月3月は風俗の世界では閑散期を迎えます。年末やお正月にお金を使いすぎた!という人たちが財布のヒモを締める時期です。やはり風俗の業界もこの時期は閑散期になります。
この閑散期をどう乗り切るか?が1月2月3月の売り上げにかわります。1月2月3月の風俗はどう働けば良いのでしょうか?

1月2月3月の閑散期でも働き方で稼ぐ事が出来る!

1月2月3月は風俗の業界は閑散期に入ります。12月の繁忙期に打って変わり1月2月3月は稼げないということが多くあるのではないでしょうか?
しかし閑散期でも働き方を変えれば稼ぐことが可能です。どのように稼げば良いのでしょうか?
それは、お店をしっかりと選ぶという事です。選んだお店によって閑散期でも稼ぐ事が可能なんです。
閑散期だからといって全てのお店が売れない、閑散期とは限りません
稼げるお店は必ず存在します。それにはやはり出稼ぎを視野に入れたお店探しが重要になってきます。
出稼ぎの場合そのお店一店に限らず沢山のお店の中から選べるという利点があります。
また、稼げるエリアや稼げないエリアというものも存在するため、出稼ぎ場合稼げるエリアに直接行くということも出来るのです。

閑散期に重宝する保証制度

閑散期に重宝されるのは保証制度です。ですがこの保証制度にも気をつけなければ行けません。保証制度は入店する時期によって保証してくれる料金が変わってきます。例えば繁忙期であれば一日6万や8万といった高額な保証金を打ってくれますが、閑散期になるとお店側も保証できる金額が減ってきます。3万や2万といった保証金額になる可能性もあるのです。
どうすれば良いのでしょうか?それは保証制度が低くなる前にお店に入る事です。ですので閑散期になるまえに出稼ぎ先を決め閑散期でも高額の保証制度で働くというようにすればそのままの保証金額で働くことが可能です。また1月2月は稼げないということを念頭において、お店探しをしたり、リフレッシュ休暇などを入れるというのもいいのではないでしょうか?
しかしお金が今すぐ必要。稼がないといけないという人は今すぐにでも出稼ぎ先を見つける必要があります。1月2月3月でも稼げるお店は人気店なためすぐに定員割れをしてしまうからです。

いかがでしたでしょうか?
出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。下のフォームから、またはお電話LINEでも大丈夫です。貴女の一番簡単な方法で結構です。お問い合わせお待ちしております。

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は欠きフォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015

出稼ぎ・住み込みバイトに関する記事