どのように予防するのか?>

風俗と性病

風俗でやはり気をつけなければならない事は性病です。
風俗と性病は切っても切れない関係といっても過言ではないでしょう。
また、性病と診断された場合性病が完治するまではお店で働く事が出来ません。 ですので、風俗で働いている人であれば常に気をつけなければならない事なのです。
では、『どんなことで性病はうつるのか?』『どんな病気があるのか?』『うつりやすい性病』『どのように予防するのか?』の4つのテーマでお話していきたいと思います。

どのように予防するのか?

さて4回にわたってお送りした、知っておきたい性病特集ですが、一番最後のテーマはどのように予防するか?
やはりこれが一番知りたい事なのではないでしょうか?
風俗という仕事がら完全に性感染症の予防をする事は出来ませんが、気をつけることで性感染症のリスクを抑えることは出来ます。
まず一番重要なことは、コンドームの着用です。コンドームは避妊の効果もありますが、性感染症の予防としても重要な役割を果たしております。
生フェラや素股などサービスなどがありますので、なかなか難しいですが、出来る限りコンドームの着用させた方が性病のリスクが格段に下がります

性病検査で早めの治療です。自覚症状がなくても定期的に病院で性病検査をし早期発見から性病を完治させましょう
自覚症状が無いからといってそのまま放置しておくと、他の性感染症に感染しやすい傾向があります。自分自身を守るためでもありますし
ご利用されるお客様に移さない為にも、定期的に性病検査を行ってください。
風俗店舗でもイメージアップという狙いもありますが店舗側が性病検査を斡旋している店舗もあります。

目で確認、時には聞く事も重要。お客様に性病かどうかと聞く事はなかなか出来ませんが、目で確認する事は出来ます。
お客様と一緒にシャワーを浴びる時や洗ってあげる時に必ずお客様の性器を確認し、なにかおかしいところは無いか確認してみてください。
体調が悪いときは、ちゃんとお休みする。体調が悪いときは免疫力も低下しています。そのため性感染症に感染しやすい状態になっています。
体調が悪いからといって頑張っても、性病にかかりお仕事をお休みしてしまっては元も子もありません。

性病など不安なことがありませたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
衛生管理が十分整った安全な店舗様などもご紹介する事も出来ます。

知っておきたい性病に関する記事