うつりやすい性病>

風俗と性病

風俗でやはり気をつけなければならない事は性病です。
風俗と性病は切っても切れない関係といっても過言ではないでしょう。
また、性病と診断された場合性病が完治するまではお店で働く事が出来ません。 ですので、風俗で働いている人であれば常に気をつけなければならない事なのです。
では、『どんなことで性病はうつるのか?』『どんな病気があるのか?』『うつりやすい性病』『どのように予防するのか?』の4つのテーマでお話していきたいと思います。

うつりやすい性病

性病で最も移りやすい性感染症と言えば、ケジラミ、クラミジア、梅毒、淋病などが有名です。
風俗のサービス内容として『生フェラ』『即尺』『クンニリングス』『ディープキス』などコンドームなしで行うサービスが多くなってきております。
風俗嬢の場合1日に複数の相手とこのようなサービスを行うため性病のリスクは高く、特に喉からうつる病気、咽頭クラミジアや咽頭淋病などに感染する場合があります。
性器同士の粘膜の接触以外でも十分に感染のリスクがあります。

逆にHIVは、粘膜の接触だけではほとんど感染せず、血液と粘膜の接触で感染するため、出血をしやすいアナルセックスなどで感染する可能性が出てきます。
うつりやすい性病>>

性病など不安なことがありませたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
衛生管理が十分整った安全な店舗様などもご紹介する事も出来ます。

知っておきたい性病に関する記事