名古屋にも昔遊郭が存在した>

東海地方屈指の遊郭「中村遊郭」

タイトル通り名古屋にも遊郭がありました。その名前は「中村遊郭」といい始まりは1610年ごろと言われています。その年に尾張に名古屋城の建築がスタートしたのですが、仮に今の大型重機をフルに使ってもお城一つ作るのは大工事になると思いますが、昔は大型重機などありませんから、多数の人間が人海戦術で作業を進めていくしかないわけです。そこに多数の人間が集まれば、それを狙って商売をしようとする人が集まり街ができます。中村遊郭も名古屋城の労働者を狙って出来上がったのです。しかし名古屋城の完成後に名古屋での遊郭営業が禁止となり以外と早くこの中村遊郭は消滅してしまいます。

ですが、1730年に再び復活することになります。尾張藩藩主である徳川宗春(この時江戸では徳川吉宗の出した倹約令のため芸能関係や贅沢ごとはかなり制限されていました。)から名古屋城下町での芸能産業を奨励したためです。世間はほとんどが倹約の中、急に贅沢ごとを奨励する場所が出来たのですから、日本各地から沢山の人が集まりました。その時に中村遊郭は再建されたのです。しかし、6年後の1736年に幕府からの禁止令がでてわずか6年でなくなってしまいました。

三たび歓楽街として復活するのは大正時代になってからです。関東では関東大震災が発生した影響で吉原などの歓楽街が一時的に衰退したため、日本一活気のある歓楽街となりました。それからしばらくは歓楽街として栄えたのですが、昭和31年に売春防止法が試行されたことにより中村遊郭の歴史は幕を閉じました。

今の名古屋の風俗はどうなの?

中村遊郭はなくなりましたが、名古屋は歓楽街として日本屈指の規模を誇っております。代表的な場所は「錦3丁目」と「栄3丁目」あたりのエリアは風俗店の密集している激戦区となっております。

他にも納屋橋や新栄など幾つか風俗街として栄えている場所があります。今現在ですと店舗型のお店だけでなくデリヘルに代表される無店舗型の風俗店も多数存在し営業をされています。

これだけ多くの種類の店舗や業種があるのですから、名古屋に出稼ぎにいって稼ごうと思っても、出稼ぎで働いた場合の待遇面、宿泊場所や代金、交通費負担の有無、最低保証など…自分の希望にあった店舗を見つけるのは中々難しいと思います。

当出稼ぎ風俗求人サポートでしたら、アナタのご希望にあった店舗を数店ご紹介できますし、給与や待遇面などの面倒な交渉ごとも全てお引き受け致しております。金額は一切頂いておりませんので、どうぞお気軽にご連絡下さい。アナタからのご連絡を当スタッフ一同、心よりお待ちしております。

無料カウンセリング予約はコチラ

名古屋に関する記事

オススメエリア

東京や大阪など住み込みで働きやすいエリアをご紹介