広島といえば、お好み焼き!>

広島のソウルフード、お好み焼きのススメ。

せっかく広島に出稼ぎにいったのなら広島のお好み焼きをぜひ食べてみてほしい。
よく広島人に「広島風お好み焼き」や「広島焼き」というと怒られるという話がありますが、
たしかに広島のお好み焼きは、大阪のそれとは全く別の料理である気がします。
私も広島に住んでみるまでは、大阪のお好み焼きに麺が入ったやつでしょ、って思っていたのですが(笑)、広島のお好み焼きはいわゆる「粉もの」ではありませんでした。
目の前で作られて行く過程を見れば分かるのですが、中身はほぼキャベツと麺。というかほぼキャベツなんじゃないかという大盛りキャベツの山で作られています。このキャベツがしっとりと蒸されてそばとソースの旨味と絡み合って、なんともおいしいのです。
だから、見かけのわりにさっぱりとしてぺろっとたべられちゃいます。
でも名物なだけあって山ほどお店があるから、どこに行けば良いのか迷っちゃいますね。
そこで、筆者の個人的な主観ではありますが、オススメのお店を少しずつ紹介していこうと思います。

行列の出来る有名店「八昌」

まずは、とりあえず最も有名で人気のある名店「八昌(薬研掘)」
広島の観光ガイドやグルメ雑誌に必ず出てくるお店で、とにかくいつでも行列!!
「どうせ有名なだけで、観光客向けのたいしたことないやつだろう…?」と思って食べないのはもったいない、伝統的な広島の味を楽しめる老舗店です! 1時間待ちは覚悟しなければなりませんが、ぜひ行列に並んででも食べて頂きたい。
ちなみに、八昌には同じ名前の全然関係ないお店があるので注意が必要です。
(べつにそれらのお店がおいしくないということではないのだけど、目的のお店を間違わないために、ということで。)古くからある有名店の「八昌」は薬研掘の風俗街にあり、お隣は無料案内所です。
広島に出稼ぎに行った際は、是非立ち寄ってみて下さい。

無料カウンセリング予約はコチラ

広島に関する記事

オススメエリア

東京や大阪など住み込みで働きやすいエリアをご紹介