九州屈指の快楽街「中州」の始まりは意外な形で>

始まりは今の大◯ドラマのあの人

今では九州の歓楽街といえば、真っ先に上がる福岡県にある中州ですが、その始まりは意外な形から始まります。今から約400年ほど前、今の福岡(当時の福岡藩)を治めていた黒田長政(2014年NHK大河ドラマ 軍師官兵衛の長男です)が博多の町と福岡城をつなぐ為の橋を那珂川と博多川が流れている土地に「中嶌橋」という橋を築いたことが始まりとされています。まだこのころは博多の町への通り道としての使い道しかなく、当たり前ですが、歓楽街としての姿は一切ありません。

少しにぎわいを見せ始めるのはそれから約200年後のことです。

当時財政難に苦しんでいた福岡藩はその改善策として、中州を歓楽街としてお金を稼ごうとしたのです。ただ…その当時中州で商売されたものは相撲や富くじ(今の宝くじ)や芝居小屋などでした。

それから時代は、江戸→明治→大正と流れて行く中で、中州には映画館や百貨店など今の商業エリアとして栄えて行きます。歓楽街としての顔が出始めるのは昭和になると芸者小屋が徐々に出来始め、中州の主要な地位を占めるようになってからです。

その後、太平洋戦争時の福岡大空襲で中州は壊滅状態となりますが、その後の復興過程で今度は芸者小屋から飲み屋街として復活していきます。

今も昔も飲み屋などのお店がある所には、風俗店が出来て行くものです。そこから徐々に風俗店が増え初めて今に至るというわけです。

現在中州周辺には飲食店と風俗店が約4000店舗近くあるといわれています。

現在の中州のお店に出稼ぎすれば稼げるの?

上にも書きましたが、風俗店が約4000店舗もあるのですから、県内外から圧倒的な集客があるのは間違い有りません。それだけお客様が来るのですから、お店としても働いてくれる女の子確保にはいつも頭を悩ませており、他よりも少し良い条件でお仕事が出来ることも珍しく有りません!

ですが、それだけ店舗の数が多いのですから、どのお店が自分の希望にあっているかを探すなんて大変だと思いませんか? でしたら当「出稼ぎ風俗求人サポート」をご利用下さい。ご相談者様の希望に添う店舗を数店ご提案することもできますし、店舗によって差のある各種待遇交渉はもちろん、お仕事を始めるまで、またはお仕事始めた後の悩み相談など、専門のスタッフが全力で担当させて頂きます!! まずはお気軽にご連絡下さい。

無料カウンセリング予約はコチラ

福岡に関する記事

オススメエリア

東京や大阪など住み込みで働きやすいエリアをご紹介