ひとみさん
江戸時代シリーズ、避妊の仕方とは?
江戸時代にもコンドームが使われた?

前回の江戸時代の女性は自慰行為が盛ん?に引き続き江戸時代シリーズ第2弾!江戸時時代の避妊はどうしていたの?について特集していきたいと思います。江戸時代の避妊はどのように行われていたのでしょうか?

江戸時代の避妊の仕方とは?

現代の日本で行われている避妊方法といえばコンドームやピルなどがポピュラーですがこのコンドームやピルが一般的に使われ始めたのは昭和に入ってから、それ以前や江戸時代ではどのように避妊をしていたのでしょうか?
そもそも妊娠率が低かった?
栄養価なども偏っていた江戸時代。実は妊娠率は以外にも低かったとされています。今でも妊活をしてもなかなか子供ができないという夫婦がいるように子供は宝。コンドームを付けずに性行為をしたからといって確実に妊娠するとは限りません。コンドームが使われ始めた理由も当初は避妊が目的ではなく性病などを防ぐために使われていました。
子宝ばりや子供を授かるために神社にお参りに行くほどなわけですから、避妊をするという概念自体が江戸時代はなかったようです。

それでも避妊をしなければならない女性達がいました。それは遊女達です。遊女は遊郭で働く女性のことで今でいう風俗嬢のこと。遊女は1日に何人もの男性を相手にしますので妊娠をする確率も高くなります。しかし妊娠をしていしまうと働けなくなってしまいますし。遊女として恥とまで言われていました。自分が絶頂に達すると妊娠しやすいと信じられていた為、絶頂に達すること自体を我慢しろという教えまであったそうです。

さて、遊女たちの避妊方法はどのような避妊方法だったのでしょうか?浮世絵などでその当時の風俗事情などが見て取れます。江戸時代にオランダからの外来品で動物の皮を使ったコンドームのようなサックや魚の浮などコンドームのように男性器にかぶせるものなどがありましたが、これは避妊具ではなく女性を喜ばせる為のいわばアダルトグッツだったようで避妊用具としてはつかわれなかったよう。

遊女達のあいだで行われていた避妊方法は和紙を使った避妊方法だったようです。薄くて丈夫な和紙の一種を口で唾液と混ぜそ、それを局部につめて避妊する方法を使っていました。いまでいうペッサリーです。

他にも妊娠しないようにお灸をするなどもされていましたが効果があったかなかったかはよくわかっていないようです。
他にも避妊用の薬などもあったのだとか、成分は水銀といった毒物で体には絶対によくない成分です。遊女の寿命が短かったのはこのような薬を飲んでいたという理由もありそうです。

いかがでしたでしょうか?今回は「江戸時代の避妊はどうやって行われていた?」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015