ひとみさん
江戸時代の女性はどのように自慰行為をしていたの?
江戸時代の自慰行為特集!

時代も令和に代わり。また一つ時代が終わろうとしています。昭和平成と著しく成長した時代でもあるのです。風俗に関してもトルコ風呂からソープ、インターネット普及にともなうデリヘルの急増というように時代が変化しています。さて今回は、そんな時代が変わるタイミングで大昔、江戸時代の自慰行為はどのように行われていたのか?について特集していきたいと思います。

江戸時代は性に奔放?

江戸時代というと厳格なイメージで性風俗にはあまり疎かったのでは?と思う人もいますが、実は江戸時代は性に奔放だったのです。あまり娯楽がない時代というのもあり年頃の男女になると、神社などでイチャイチャ、そのまま盛り上がって外でいたしてしまうというのも日常だったのだとか?
江戸時代は今のようにインターネットも動画などもありませんでした、そこで使われていたのは春画という昔のエロ本です。
浮世絵はみなさん見たことがあると思いますが、春画はその浮世絵のエロ版、男女が絡み合っているところやそれを連想させる絵が書かれています。その描写はリアルでまたデフォルメされていますので現実よりもとてもエロいと評判でした。あまり世の中に出回っていませんがこの春画はとても多く作られていたのだそう。江戸時代の人たちはこの春画を見ながら自慰行為をしていたのでしょう。

大奥や遊郭の女性の自慰行為とは?

自慰行為を行なっていたのは男性だけではありません。男性と自由に恋愛や性行為ができない大奥や遊郭などの女性も自慰行為をおこなっていました。
大奥は世継ぎの為に集められた女性たちなわけですから他の男性といたし身ごもってしまっては元も子もありません。また遊郭は性も奔放なのでは?と思われがちですが、遊郭の女郎たちは商品なわけですから、こちらも自由には男性とできないわけです。
そんな男性との性行為を自由にできない女性達の味方。それが自慰行為なのです。大奥や遊郭の女性はお金もあるので春画だけというわけではありません。当時流行っていたのが張型です。張型とは男根を模した道具で木で作られていたり鼈甲といわれるウミガメの甲羅で作られたものだったりと様々な素材で作られていました。
女性をはそれを足にくくりつけ春画を片手に擬似性行為を行なっていたのです。今も昔もやはり性は重要な三大欲求の一つ。今後時代が変わってもこの3大欲求だけは変わらないでしょう。

いかがでしたでしょうか?今回は「江戸時代の女性は自慰行為を盛んにしていた?」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015