目に性病?クラミジア性結膜炎とは?>
ひとみさん
目に性病が感染するの?
性器以外の性感染症とは?

性病というと性器同士の接触で感染すると思われがちですが、実は体の他の部分に接触しても感染してしまいます。今回はそんな性器以外の性感染症についてご紹介していきたいと思います。

性器以外の感染?気をつけるべきクラミジアとは?

性病というと性器に移るというイメージですが実は性病以外にも移ってしまう可能性があるのです。
性器以外に感染する性病で一番多いのがクラミジアです。クラミジアとはクラミジア・トラコマティスという最近が粘膜に感染し炎症を起こすという性感染症です。性活動が盛んな10代〜20代に多く性病の中で一番感染報告が多い性病でもあります。
感染すると尿道などが炎症を起こし膿が出るというような症状が起こります。かゆみなどもありますが、男性の方が症状が重いため早期発見をすることができます。女性の場合は発見が難しく感染してそのまま見つからず相手にうつしてしまったという人も少なくありません。
クラミジアは感染力が高いことから性器以外にも感染する可能性があります。

喉クラミジア、クラミジア結膜炎

クラミジアで一番気をつけなければいけないことは喉クラミジアです。この喉クラミジアとは喉の粘膜にクラミジア・トラコマティスが感染し咽頭炎を起こした状態を言います。
オーラルセックスやディープキスなどからこの喉クラミジアに感染する可能性があります。風俗でオーラルセックスを仕事としている人やホモセクシャルの男性に多く感染していますが、喉が炎症したり発熱したりという症状がないため本人は感染していることに気づかずに相手に移してしまうということが多くあるのがこの喉クラミジアです。

クラミジア結膜炎とは?
クラミジア結膜炎とは目にクラミジア・トラコマティスが感染し炎症を起こしている状態を言います。初めは物貰いのような症状が出ます。まぶたが腫れ充血、小さなブツブツがができ炎症してきます。
放っておくと不妊症になったり妊娠中の流産の原因になります。
今ではほとんどなくなった病気ですが、汚染された指で目などを触った場合感染すると言われています。性器同士が接触しなくても感染してしまう可能性があるため気をつける必要があります。

このように性器同士の接触やコンドームなどの着用をしても性病に感染してしまう可能性があります。大切なことは定期的に検査をして早めの処置を行うことです。感染していても症状が出ないからいいという問題ではなく放置しているとHIVの感染確率も上がり最悪の場合不妊になってしまうという事もあります。

いかがでしたでしょうか?今回は「目に性病?喉クラミジア、クラミジア性結膜炎とは?」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※『通勤希望』『出稼ぎ希望』と記入いただくとスムーズです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015