ひとみさん
平成30年で移り変わる風俗
この30年間で風俗はどう変わったのか?

平成も残すところ半年を切りました。平成の30年間の軌跡を振り返るテレビ番組なども最近だと多く特集されているのではないでしょうか?
風俗の業界もまた激動の30年間でありました。今回はそんな変わりゆく30年、風俗の世界はどのように変わっていったのか?そして今後、風俗はどのように変わっていくのか?を特集していきたいと思います。

平成の30年間の風俗を漢字一文字で言うと?

平成30年間の風俗を漢字一文字で言うとまさしく『変』ではないでしょうか?それほどまでに風俗の世界は変わってきました。昭和のころ風俗の世界は全てグレーゾーンの世界で成り立っていました。
もちろん売春はダメだけど、どこまでやったら犯罪なのか?どんなことができるのか?などもベールに包まれていました。しかし1985年に風俗営業法改正により、この風俗は犯罪だがここまではやっていいと言うように国が今までタブーとされていた風俗業を認め管理をし始めたのです。法改正自体は昭和の最後に行われましたが浸透し出したのは平成の始めでした。
法律に引っかからないようにとお店側が思考を凝らし色々な種類のお店を作り始めたのもこの頃からでした。テレクラやピンクサロン、本番サロン、ファッションヘルスやデリヘル、ホテヘルが確立したのもこの時期です。
法が代わりお店自体も変わっていったのが平成。まさに『変』と言う言葉が一番あう時代なのではないでしょうか?

媒体も目まぐるしく変わる平成

平成で一番変わったもの、それは媒体ではないでしょうか?昭和までは媒体といえばテレビ、ラジオ、新聞や雑誌などが主流でした。しかし平成に入り一番変化したもの、それはインターネットの普及です。
また近年スマホを使うのは当たり前、片手でインターネットができる世界にまで変わりました。
世の中はネット大航海時代に差し掛かったのです。
風俗の世界も、インターネットの普及により随分変わりました。今までお店に出向き女の子を選ぶというスタイルが主流でしたが、今はインターネットで女の子を選び、デリバリーをするデリヘルに変わり、電話から動画配信のチャットに変わりました。
平成は媒体が変わり風俗のスタイルまでもが変わった時代なのです

新元号で変わる風俗?

風俗営業法が近々変わると言うことがないため、直近で何か変わると言うことはありませんが、新元号になり一番初めの大イベントである東京オリンピック開催により、風俗のお店の規制が強めになるでしょう。
すでに期間中はコンビニなどにピンク雑誌は置かないというような取り組みがあります。
店舗型のお店は特にオリンピック期間中は休業などといったお達しが上からくるかもしれません。
またもう一つの媒体がインターネットのサイト化からアプリ化に変わってきているということです。
近々風俗のお店を簡単に見つけられるアプリが登場するかもしれません。

いかがでしたでしょうか?今回は「平成に変わった風俗とは?」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015