風俗とヤ○ザって繋がっているの?>
ひとみさん
よく風俗の裏にはヤ○ザが繋がっていると聞きますが実際はどうなのでしょうか?
気をつけないといけないヤ○ザ絡みの風俗店

風俗や闇金など昔から所謂ヤ○ザ(指定暴力団)との関わりがあったとされています。今現在、実際にヤ○ザと風俗の業界は繋がっているのでしょうか?今回は風俗とヤ○ザの関係性について特集していきたいと思います。

風俗とヤ○ザとの関係性とは?

今でこそあまり聞かなくなりましたが風俗とヤ○ザは繋がってると昔は有名な話でした。風俗とヤ○ザとの関係性はどういうモノなのでしょうか?
基本的にはこうです。昔の風俗店など非合法などで行う店舗が多くありました。赤線青線という言葉聞いたことがある人も多いと思いますが、風俗の業界は合法と非合法が混ざり合った世界でした。
非合法の世界で犯罪など問題が起きた場合、警察などに頼れないという状況が起きてしまうわけです。そんな時に頼るのがヤ○ザという訳です。
トラブルやナワバリなどお店や個人では解決できないことを所謂、ケツ持ちという形でトラブルを解消してくれます。用心棒代として毎月支払われるのが”みかじめ料”と言われるものです。
この文化が引き継がれ今現在もみかじめ料をヤ○ザに支払っているお店も存在しています。
また、ヤ○ザにはナワバリというものがあります。よく俺たちの島で誰に断って商売しているんだ?というセリフを聞いたことがあると思いますが、代々ヤ○ザの息がかかっている地域というものがあり、そこで商売をするとなった場合、場所代金としてショバ代というものを毎月払わなければいけませんでした。
風俗街や繁華街、ソープ街など昔からヤ○ザの息がかかっていた場所ですので、風俗やバーなど飲み屋とヤ○ザと関係しているというイメージが強いのかもしれません。

今現在の風俗とヤ○ザは?

現在、ヤ○ザを反社会的勢力として国は厳しく取り締まっています。指定暴力団として警察からは日夜マークされていますしカードやローンも作ることができません。住宅、家を借りることもできませんし、携帯やスマホなどを買うこともできません。海外旅行もすることができないというような状況です。
このように暴力団にお金を払わない!という動きから今現在では、風俗とヤ○ザとの関係性は薄れてきています。
また1998年に執行された風俗営業法により今までグレーであった風俗店が売春行為をしないという名目上合法となり、これ以降ヤ○ザとの関係性は薄れていったとされています。
しかし、まだヤ○ザ関係している風俗店は存在します。例えばお店のオーナーや店長など元を辿っていった場合、元締めがヤ○ザだったということがあります。
しかしながらデリヘル業など脱サラをして始める人もいることから、全てがヤ○ザ絡みという訳ではないようです。

風俗とヤ○ザ気をつけないといけないことは?

ヤ○ザは基本的にカタギには手を出しませんが、お金が取れそうな人にはたかってきます。例えば美人でスタイルのいいソープ嬢などです。美人でスタイルのいいソープ嬢は月に何百万も稼ぐことができる為、わざと借金を背負わせるなどをしソープをやめさせないように企てたりもします。
ヤ○ザ用語で風呂に沈めるというような表現をするのですが、このようにお金になりそうな女性は目をつけられる可能性があるので気をつける必要があります。
風俗店自体に気をつけるこ事。ヤ○ザの息がかかっている風俗店の特徴としてしっかりと許可を取っていないという場合があります。また名前が短期間で変わる、店長が短期間で変わるというようなお店の気をつけたほうが良いでしょう。
そういったお店はオーナーなどの元締めがヤ○ザである可能性があります。

いかがでしたでしょうか?今回は「風俗とヤ○ザって繋がっているの?」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※『通勤希望』『出稼ぎ希望』と記入いただくとスムーズです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015