消えるソープ街?ソープランドは年々減っていく?>
ひとみさん
ソープランドはどんどん減っていくの?
消えるソープ街とは?

風俗の王様であるソープランドですが、このソープランドがどんどん閉店していっているということをご存知ですか?ソープランドは風俗の中でも唯一本番行為が黙認されていますし、お給料も他の業種とは比べられないほど高収入です。そんなソープランドがどんどん減っていっている理由とは?一体なんなのでしょうか?今回はどんどんなくなっていくソープランドについて特集をしていきたいと思います。

そもそもなぜソープランドが減っていっているのでしょうか?

なぜソープランドが減って言っているのでしょうか?それは新しくソープランドを作る事ができないからなのです。ソープランドの営業はごく限られたエリア限定で作る事ができます。これは街の風紀を守るために作られた条例で県や都の他にも区や市のような地方自治体によって異なります。
例えば歓楽街でのみの営業は許されているが新しく店舗を新築する事ができないという事があります。ソープランド以外にも店舗を構えるファッションヘルスなどもこれに当たります
今現存しているソープランドは既得権というものを得ており、近くに学校があったりなど条件を満たしていなくてもそのまま営業してもいいという法律があります。
しかしその権限も一代限りで法人名義でも譲渡することはできず法人売買によって経営者を変え営業を続ける事ができるのです。
そしてもう一つの理由は建物の老朽化です。
新しく新築ができない為、建物をリフォームしていく他ありません。しかし全面改修となるとこれは新築を同じことになってしまう為、改修もできません。
つまりソープランドは一度やめてしまった場合、もう二度と復活する事ができず、老朽化によって建物自体が保たないという事が起こるのです。
このことにより、ソープランドは減ることはあっても絶対に増えることはない業種の一つなのです。

万博やオリンピックで消えていくソープ

ソープランドは実はグレーゾーンの中で経営している業種なのです。本来本番行為まで行ってしまうと売春となってしまい犯罪になってしまいます。しかしソープランドでは自由恋愛のもと本番行為を行っていますので実質ではグレーな部分で働いているのです。
つまり摘発などにあった場合即刻営業停止になってしまうのです。今までも税金隠しや派手に営業をしていたお店などは、見せしめ含め摘発されてきました。
また万博博覧会やオリンピックなど海外の外国人を誘致する機会に一斉摘発されるという事が多くあり、例えば大阪のソープランドが全て摘発されたり、川口の本番サロンの摘発や川崎のちょんの間の摘発も万博やオリンピックに向けてのクリーン化から行われた摘発でした。
2020年東京オリンピックが行われますので東京にあるソープランドももしかしたら摘発を受ける可能性もあるのかもしれません。

いかがでしたでしょうか?今回は「消えるソープ街?ソープランドは年々減っていく?」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※『通勤希望』『出稼ぎ希望』と記入いただくとスムーズです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015