マッチングアプリは売春の巣窟!?>
ひとみさん
マッチングアプリで売春が多いの?
マッチングアプリが援交目的で行われている!

昔から出会い系掲示板など沢山のツールが流行りました。今現在若者に主流となっているのはマッチングアプリというものです。今マッチングアプリでの売春や援助交際が急増中なのだそう。
今回はマッチングアプリと売春、援助交際について特集していきたいと思います。

そもそもマッチングアプリとは?

そもそもマッチングアプリとはいったい何なのでしょうか?FacebookやTwitter、Instagramなどはみなさん知っていると思います。ブログや写真、何か言葉を発信することによって他の人たちとコミュニケーションをとるSNSですが、マッチングアプリとは出会いに特化した出会い系の最新ツールの一つです。

目的としては男女の恋愛や結婚などの斡旋ですがビジネスなどの繋がりなどのきっかけにも使われています。操作はとても簡単で左右にフリックをするだけでタイプかタイプではないか?を振り分けることができます。お互いに興味がある場合マッチングされ、その後、連絡を取り合うという形になっています。

アプリによってはフェイスブックや他のSNSアプリとの連動、免許証の掲示などがもとめられ、年齢詐称などができないようになっている為、信頼性も高いことがマッチングアプリが人気な秘訣です。

マッチングアプリで売春、援助交際が行われている?

マッチングアプリの流行と共に問題となっているのが、マッチングアプリから発展する売春や援助交際です。もともとは恋愛目的や人との新しい出会いと言うように健全なアプリケーションとして始められたマッチングアプリも、やはり男性と女性との出会いを斡旋した場合起こる問題が、売春目的や援助交際目的で使われるということです。
中にはあからさまに売春を目的とした写真を投稿している女性や男性もいますが運営によって削除されています。
その為運営にはわからないような隠語などを使ったり、写真もわざと清楚な格好をした写真などを使ってごまかしているという人もいます。例えばプロフィールの部分にいちごのマークなどがあった場合は1万5千円で援交するよ。と言う意味やサ希望などはサポートと言って援助してほしいと言う意味で使われています。
もちろん売春も援助交際も犯罪に当たりますので買う側、売る側どちらも罰せられます。

他にもマッチングアプリの闇とは?

他にもマッチングアプリの闇があります。例えば画像交換のみを目的とするネカマです。女性として偽って男性から画像を送らせ、その後恥ずかしい画像などをネットなどに晒されるなどです。
画像交換は基本的にお互いに交換するのが目的ですが、SNSや相手の顔がわからない以上本人画像が送られてくるとは限りません。
安易に自分自身の恥ずかしい写真などは送らない方が良いでしょう。

いかがでしたでしょうか?今回は「マッチングアプリは売春の巣窟!?」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※『通勤希望』『出稼ぎ希望』と記入いただくとスムーズです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015