セックスワーカーの権利とは?>
ひとみさん
セックスワーカーの権利を訴える?
セックスワーカーの権利とは?

昨今、風俗で働く女性の権利というものが訴えられています。LGBTなど、今までタブーとされてきた性に対する権利について注目される中で、セックスを仕事とする、いわゆるセックスワーカーの権利というものも取り上げられてきています。
今回はそんなセックスワーカーの権利について特集していきたいとお思います。

セックスワーカーの権利を訴えるのは難しい

日本でセックスワーカーの権利を訴えるのは難しいとされてきました。それはなぜでしょうか?
まず一つの理由として、業種がたくさんあるとされているからです。日本の風俗はソープランド、デリヘル、ホテヘル、ファッションヘルス、オナクラにピンサロと数えきれないほど存在しています。
業種ごとに訴える事も違ってきますし、風俗の業界と一括りにしても業種ごとに世界は違います。
権利を訴えるにあたって一番大切な事は団結です。業種ごとに事情が違うため団結をしづらいというのが理由の一つです。

売春が違法なため権利を訴えるのが難しい。
つづいてこちらです。日本は売春防止法によって売春は違法とされています。セックスワーカーの方達は売春はしていないのですが、やはり売春と間違われやすかったり売春と似た行動をしていることから権利を訴えると言う事ができずにいました。売春が合法化しているドイツなどはもっとセックスァーカーに対する権利や保証が認められています。

風俗業界の人たちも顔バレしたくない。
風営法について一番初めに権利を訴えたのは、パチンコ業界の人たちでした。パチンコは遊戯であって賭博ではないとの訴えでした。その後、3店法が用いられパチンコ業界は公に遊戯として駅前で堂々と営業しているわけです。
なぜセックスワーカーの権利はこんなにも遅くなったのでしょうか?それは風俗で働いている女性も風俗で働いている男性スタッフも顔バレをしたくないからなのです。

近年セックスワーカーの権利を訴える運動がさかん?

しかしながら、近年セックスワーカーの権利を訴える運動が盛んになってきています。LGBTの権利の訴えや個性として平等に受け入れるという社会の動きから、今までタブーとされてきた性についての権利も注目されてきているからなのです。また海外でも活動は盛んで2016年3/8の国際女性デーに『セックスワーカーの権利を支援するフェミニスト・マニフェスト』が作られフェミニスト団体、クィア団体、移民団体、セックスワーカー団体が賛同署名をしています。
また2018年に行われたレインボープライドにセックスワーカーのブースが出店しセックスワーカーのシンボルである赤い傘を掲げパレードに参加しました。
このようにセックスワーカーの権利も注目され近い将来、セックスワーカーが公に認められる時代がくるかもしれません。

いかがでしたでしょうか?今回は「セックスワーカーの権利とは?」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※『通勤希望』『出稼ぎ希望』と記入いただくとスムーズです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015