風俗のお仕事中に被災してしまったら?>
ひとみさん
仕事中に地震に被災してしまったら?
どんな時でも被災する可能性がある被災に関しての備えは?

平成最後の年。自然災害がいつもより多いのではないでしょうか?大雪に始まり関東の猛暑、そして関西に直撃した最大級の台風。北海道での大地震など自然が猛威を振るっています。
自然災害の場合いつどこで起こるか分からないという不安もあります。
風俗のお仕事をしている場合、風俗でサービスをしている時に災害が起こるという場合もあります。今回は仕事中に起こった場合どうするのか?備えなどはどうすれば良いのでしょうか?

サービス中に災害が起きたら?

災害で一番困るのは風俗でサービス中に災害が起きた場合です。風俗のサービス中に起こる災害としてあげられるのは、火災と震災です。歌舞伎町のイメクラの入った雑居ビルの火災に始まり大宮のソープランドの火災など箱ヘル、ソープでの火災というのは気をつけないといけません。基本的にはタバコの火からの引火や老朽化での漏電などが火災の原因です。
もちろん火の始末は気をつけないといけませんが、サービス中に火事になってしまった。火災にあってしまった場合はどうすれば良いでしょうか?
まずは、プレイをやめ、逃げるために最低限の服を着ましょう。プレイ中は裸になっている為、無防備です。バンツやズボンが履きづらいものでしたら備え付けのガウンなどを羽織るのも良いでしょう。火災の場合早く建物の外に逃げましょう。体を低くして煙をできる限り吸わないようにタオルなどで口をおおうなどをすると良いでしょう。
つづいて地震による震災です。地震の場合大きさにもよりますが地震で揺れている時は家具など大きなものがある場所には近づかない事です。ラブホテルの場合はベットが広い場所が多い為ベットの真ん中がいちばん安全です。枕などを頭に多い落ちてくるものを回避しましょう。
箱ヘルの場合は部屋の扉をまず開けましょう。地震で建てつけが悪くなり扉が開かなくなり部屋から逃げられなくなる可能性があります。
大きい地震の場合は服を来て、揺れがおさまったら枕で頭を覆いホテルの外にでましょう。
地震の場合は電気や飲み水などが不足する可能性があります。充電ができるうちにスマホの充電と冷蔵庫に飲み水があった場合それを持っていきましょう。

災害の為の備えとは?

風俗の仕事をしていると大きいバックで移動ということが増えると思います。お仕事の道具やメイク道具の他にも、もしものためにバックの中に入れておくと良いものをご紹介していきます。
スマホの充電パック。これは被災のためでなくほとんどの人が持っていると思いますが、やはり被災した場合、正しい情報や連絡がつかなくなると不安も大きくなります。
また夜の場合、スマホの液晶画面が心を落ち着かせてくれるという心理状態もありますので、被災中の必需品としてスマホはなくてはいけない存在です。画面の明るさを最小限にする、圏外になった場合 は機内モードにするなどして電池の減りを押さえましょう。
カロリーメイトなどのお菓子を持っておく。かさばらない保存の効く食べ物でやはり一番良いのがカロリーメイトです。もしもの時の保存食、小腹が空いて死にそうという時にも手軽に食べれるということでも、一箱カバンに忍ばせておいてよいでしょう。

いかがでしたでしょうか?今回は「風俗のお仕事中に被災してしまったら?」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は欠きフォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※『通勤希望』『出稼ぎ希望』と記入いただくとスムーズです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015