尿道オナニー!ウィダニーとは?>
ひとみさん
尿道オナニーの中でも難易度高 ウィダニーとは一体何?

尿道オナニー特集を前回行いましたが、前回に引き続き尿道オナニーについて今回も特集していきたいと思います。尿道オナニーについては『尿道オナニー!カテーテル、尿道ブジーとは?』をご覧ください。
今回はその尿道オナニーの中でも難易度の高いウィダニーについてご紹介していこうと思います。
ウィダニーとは一体何?今回はウィダニーについて特集していきたいと思います。

ウィダニーっていったい何?

ウィダニーとはウィダーインゼリーオナニーの略でウィダーインゼリーを使って尿道オナニーをすることをウィダニーと言います。昔からきゅうりやナスを女性器に入れるなどの食べ物を使ったオナニーというものはありました。その延長にウィダーインゼリーがあるというわけです。ただ違うのは今回は尿道オナニーですので男性の尿道にウィダーインゼリーを入れるというオナニーな訳です。
M性感やSM系のお店働きている風俗嬢の方はお客さんからウィダニーを手伝って欲しいと言われることもあるかもしれませんが、ほとんどの人はウィダニー?というようになるのではないでしょうか?
そんな、あなたのために今回はウィダニーのやり方を紹介していきたいと思います。
まずウィダニーで大切なことは尿道を拡張しておく必要があるということです。
ここがはじめにも書いた通り難易度が高い理由です。尿道拡張とは尿道ブジーと言われるステンレス製の棒状の器具を使って尿道を開いて行くというプレーです。
なぜ拡張しないといけないのか?それはウィダーインゼリーの口径を尿道に装着し中の液体を入れて行くからです。拡張をしなくても以外にもひろがるのですが、しっかりと装着しないとウィダーインゼリーがこぼれてしまう、または空気が入ってしまう為、ウィダーインゼリーの口径が入るところまでは拡張しておきましょう。
続いてウィダーインゼリーの種類です。ウィダーインゼリーの味は8種類ありますが、どれを選べばいいのか?これは割と自由なのですが、刺激物がか言っていない種類が良いでしょう。ですので無難に青のウィダーインゼリー、またはプロテインのウィダーインゼリーが好ましいでしょう。

準備ができたらここからがウィダニーの本番です。口径を尿道に差し込みゆっくりウィダーインゼリーを入れていきましょう。勢いよく入れてしまうと尿道側の押し出しに負けってしまい口径が抜け外に液体が散らばってしまいます。何度か挑戦して慣れる必要があるためウィダーインゼリーは多めに買っておく必要があるでしょう。
慣れてくるとウィダーインゼリーを尿道から入れたり出したりというプレーをすることができるようになります。そこまで慣れたらいよいよ膀胱奥までウィダーインゼリーを流し込みましょう。
男性へする側の場合は、男性の表情をみながら行います。躊躇する人もいますが、ここはウィダーインゼリーを入れてあげましょう。

ウィダニーって気持ちいの?

ここまで読んでいるとただの変態プレーのように思います。異物を混入させることに興奮するだけでは?と思うかもしれませんが、実はこのウィダニーは尿道側から刺激をすることができるプレイなのです。
男性は射精するとき精管から尿道を通り射精します。つまりウィダーインゼリーを尿道にいれることによって常に射精をしている感覚が味わえるらしいのです。
とても気持ちい、射精感を常に味わえることができなかったとしても新たな感覚を得ることができるのは確か、自分では勇気が出ない。やってもらうなら綺麗なおねんさんがいいという男性が嬢にウィダニーを要求してくるかもしれません。

いかがでしたでしょうか?今回は「尿道オナニー!ウィダニーとは?」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は欠きフォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※『通勤希望』『出稼ぎ希望』と記入いただくとスムーズです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015