風俗でポジ種には気をつけろ!>
ひとみさん
風俗で気をつけないといけないポジ種とは? ポジ種とは一体何?

風俗で気をつけないといけない事の中にポジ種というものがあります。ポジ種とは一体どんな事をいうのでしょうか?どうすれば回避することができるのでしょうか?今回はポジ種について特集していきたいと思います。

ポジ種とは一体何?

ポジ種は風俗の業界ではあまり知られている言葉ではありません。ですので風俗用語ではありませんが知識と知っておく必要がある言葉の一つです。
ポジ種のポジとはポジティブの意味ポジティブとはいい意味でとらわれることが多いですがポジ種の場合は逆です。HIVウィルスに感染しているという意味でのポジティブで種とは精子の事を言います。動物同士の配合の時に種馬というような言葉を使いますが、種とはそこから引用してきているようです。
つまりHIVウィルスに感染している人の精液という意味で、中出しなどをした場合、高確率でHIVに感染してしまうことからヤバ種と言われる事もあります。
妊娠してしまうかもしれないという背徳感に加えHIVに感染してしまうというスリル感からポジ種を受け入れる事に興奮を覚える人たちも一定数にいるのだそう。
もともとゲイ用語として使われていましたがバイセクシャルなどがソープで遊ぶ事もあるためこの言葉が風俗の業界でも広まりました。
またポジ種、ヤバ種の類似後にポジマン、ヤバマンという言葉もあります。風俗の世界では性病に感染する事を被曝したと言ったりお土産をもらったなどと言います。

ポジ種を回避するためには?

風俗の世界では性病をうつされた場合、性病が完治するまでお店を休まないといけません。HIVに感染した場合、完治することはありませんが、薬でウイルスを抑えることができれば相手に感染させることはありませんので風俗の仕事をすることができます。
しかし、やはり感染しないのが一番です。相手がポジ種かどうか?はわかりませんが極力回避することは可能です。まずソープランドの生で挿入することができるNSサービスをするお店は避けたほうがよいでしょう。高級店の場合男性客を選んだり特別会員にならないとサービスを受けることができないため感染している人が来店することはあまりありませんが、大衆店でNSサービスを行なっているお店の場合不特定多数とNSをしないといけなくなり性病の感染率はグッと高まります。
まずはNSサービスをしないコンドームをちゃんと着用するソープで働くことです。
ピンサロやデリヘルなどでも精液を飲むごっくんサービスなども気をつけるべきです。口の中は傷つきやすいためポジ種を口に含めばHIVウイルスの感染する可能性があります。
先走り汁と言われるカウパー液にもHIVウイルスが入っている事もあるためオーラルでのサービスも気をつける必要があります。
まずはしっかりとしたセーフセックスを心がけましょう。

いかがでしたでしょうか?今回は「風俗でポジ種には気をつけろ!」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は欠きフォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※『通勤希望』『出稼ぎ希望』と記入いただくとスムーズです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015