ひとみさん
映画などでも話題になっている娼夫って? 実際に実在するの?娼夫の実態とは?

最近映画などで話題になっている娼夫。松坂桃李さんが主演を務める映画『娼年』で主人公の少年は娼夫として働いています。実際に娼夫という仕事はあるのでしょうか?そしてどのような仕事なのか?
どうすれば利用することができるのか?今回は娼夫についてご紹介していきたいと思います。

娼夫とはどんな仕事?

娼夫という言葉は女性の売春を行う娼婦の文字を元にした造語となっています。読み方はどちらも”しょうふ”と読みますが、女性の場合はふの漢字が婦人の婦で男性の場合は夫の夫となっています。他にも男娼と呼ばれていたりします。
娼夫の仕事内容は娼婦の男性版とされ男性が女性に体を売り、性的サービスを行う仕事です。
現代のホストクラブと似ていますが、娼夫の場合は性的サービスがメインでホストクラブのようにお酒を飲んだりトークを楽しんだりという事はあまりしません。
今現在娼夫の仕事はあるのでしょうか?この娼夫という言葉、映画で初めて聞いた。という人も少なくはないのではないでしょうか?あるのであれば利用してみたい!という人もいるかもしれません。
実はこの娼夫という職業はほとんど無くなってしまっています。
まず一つに娼夫の仕事は売春行為になってしまうからです。売春行為か擬似性行為か?を決めるのは挿入するかしないか?なのですが、娼夫の場合のほとんどは挿入までのサービスを行います。受け入れる側が料金を払いサービスを買うわけですから心理的に最後まで行ってしまうという流れになってしまうのです。
もう一つに商売が成り立たないという事です。
女性は性欲が男性よりもありません。男性の場合は性欲を発散するために風俗を利用しますが女性の場合は性欲を発散するよりも、会話を楽しんだり恋人気分を楽しんだりします。そうなるとホストクラブの方が女性にとって楽しい場所となるわけです。

このことから娼夫という仕事は衰退していき今現在の日本ではほとんど存在していない職業となったわけです。

娼夫を利用するには?

娼夫を利用するには、どうすればいいか?先ほど娼夫の仕事のほとんどは無いと言ったのにどうやって利用するんだ?という疑問があると思います。
実は娼夫に変わる仕事があるのです。それは男性に体を売るウリ専とされる職業です。ほとんどのお店は女性利用NGとされていますが、中には女性利用可能のウリ専もあります。
ウリ専は出張タイプとバーで待機するバータイプの2種類があります。女性利用可能のウリ専はバータイプに多く、一見ボーイズバーのように利用する事ができますが、そのままお持ち帰りをすることも可能なのです。
男性に体を売っているんだからゲイではないの?とおもうかもしれませんが実は現在、ノンケ(ストレート)やバイセクシャル(両刀使い)がウリ専で働くケースが増えています。お店側も女性客にはそういったボーイをつけるというように配慮するのだそう。
ホストの場合は身を滅ぼすほどお金を搾り取られてしまいますが、ウリ専の場合はホストよりも気軽に楽しむことができます。

いかがでしたでしょうか?今回は「娼夫って一体何?」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※『通勤希望』『出稼ぎ希望』と記入いただくとスムーズです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015