風俗で働くと不妊症になりやすい?>
ひとみさん
風俗で働くと不妊症になりやすいって本当? 気になる不妊症について

2018年1月18日から始まったフジテレビ系列のドラマ『隣の家族は青く見える』いろいろな家族が集まる中で妊活についてをテーマに取り上げています。
いつかは子供が欲しいけど、風俗で働いたら不妊症になりやすいって噂は本当?など今回は風俗と不妊症について特集していきたいと思います。

風俗と不妊症の関係は?

セックスの話は学校や家族ではタブー視され、知識があまり広まっていないというのが事実です。コンドームはしろ!と教育はされるけど卵子の数に限りがあるや精子にも元気がない精子があるなどの勉強はありません。もちろん風俗の今の現状は学校では教えてくれない事なのではないでしょうか?
妊活をして初めて知る、風俗の世界に入って初めて知るという事は少なくないのではないでしょうか?
今回は、そんな学校では教えてくれない風俗をすると不妊症になる?という噂についてです。
実際に風俗で働くと不妊症になるのでしょうか?
いつかは赤ちゃんが欲しいけど、今はお金が必要だし。と働いている人もいるとは思います。
実際は風俗で働いている人が全て不妊症になるとは限りません。風俗で働かなくても不妊症になる人はいますし、風俗をやっていても子供を授かったという人は沢山います。
もちろん不妊は女性だけの問題ではありません。男性側も精子の量が少ないや精子に元気がないという人もいます。不妊症は女性だけの問題ではなく夫婦の問題でもあるのです。

不妊症は性病が問題

ではなぜ風俗で働くと不妊症になるという噂がたったのでしょうか?それは性病にになると妊娠しづらくなるからという理由です。江戸時代の遊郭では梅毒にかかると妊娠しずらくなるという事から身ごもることを恥としていた遊郭で梅毒にかかって一人前というように言われていたほどなのだそうです。
風俗ではたらいていると性病になりやすいということから、この噂が広がったとされています。
梅毒よりも身近な性病でクラミジアという性病もあります。このクラジミアも感染すると不妊症になりやすいとされている性病です。クラミジアの場合、症状が出づらいので知らずに感染しているという可能性もあり、妊活の時に発覚するという事例も多くあるのだそうです。
女性の場合約8割が自覚がないということですので気をつける必要があります。
つまり問題は風俗で働いたから不妊症になるのではなく、性病を放置してしまっていたというのが不妊症になる原因なのです。性病の早期発見、早期治療をすることによって不妊症を防ぐことが可能なのです。

今回は「風俗で働くと不妊症になりやすい?」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は欠きフォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※『通勤希望』『出稼ぎ希望』と記入いただくとスムーズです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015