12月1日は世界エイズデー風俗の業界でも啓発!>
ひとみさん
12月1日は世界エイズデーです。 今回はエイズ啓発について特集していきたいと思います。

皆さん!12月1日は何の日か知っていますか?12月1日は世界エイズデーです!エイズが世界にまんえいし感染者の防止や、患者や感染者に対する差別や偏見の解消に世界保健期間が1988年に制定しました。12月1日を中心に各地でエイズ啓発イベントやフェスなどが開催されています。
東京都も11月16日〜12月15日はエイズ予防月間として定められています。
今回はそんなエイズ啓発について特集していきたいと思います。

エイズ啓発、エイズってどう感染する?

HIVウイルスは主に血液、精液、膣分泌液、母乳などに多く分泌されます。唾液、涙、汗や尿などの体液では他の人に感染させるほどのウイルスは分泌していないため感染することはありません。皮膚からも傷などがない限り皮膚からの感染はしません。
HIV感染のほとんどは性的感染、血液感染、母子感染となっています。
その中でも性行為から感染する性的感染が最も多く、粘膜部分の細かい傷から精液や膣分泌液に含まれるHIVが侵入することで感染します。
女性器は機械的な刺激が強いため粘膜が強く傷がつきにくい構造となっていますが腸管粘膜は傷つきやすくアナルでのセックスは膣性交よりも感染リスクが高くなります。
HIVの感染はコンドームによって感染率を下げることができます。 しかし、フェラをするときもコンドームが必要なの?など細かいところはわかっていないのではないでしょうか?
行為により感染する確率が変わってきます。

輸血‥90%
ドラッグなど使用時の針の共有‥0.67%
アナルセックス(受け側)‥0.5%
アナルセックス(挿入側)‥0.067%
膣を使ったセックス(女性側)‥0.1%
膣を使ったセックス(男性側)‥0.05%
フェラチオ(受け側)‥0.01%
フェラチオ(挿入側)‥0.005%

というような確率になっています 。確率でいうと100分の1の確率というように確率は非常に低いですが1回のコンドーム無しでも感染してしまったという事例もあるため確率はあくまで目安として考えておきましょう。
また、クラミジアや梅毒、淋病などの性感染症に感染していると粘膜部分に炎症がおき傷ができていることがあるため感染の確率は格段に上がります。

エイズ感染を予防するにはどうすれば良い?

エイズ感染を予防するにはどのようにすれば良いのでしょうか?
HIVが多く分泌している精液や膣分泌液、血液を傷がある場所に付着しないということが重要です。粘膜などにつかないようにする。傷がついた部分に付着しないようにするように心がける事が大切です。
やはり一番の予防対策はコンドームを使用することです。
フェラチオのときなどもコンドームを使用した方がいいですが風俗では地雷嬢として扱われてしまいます。せめて口の中に精液を出させない。口内に傷があるときはフェラのサービスをしないなどが良いのではないでしょうか?またソープランドでもコンドーム着用を推奨しているお店も多くありますのでコンドーム着用店の場合は性病などに感染する確率が低くなります。
また性病検査も月に一回というようにこまめに受けていくと性病感染の拡大やHIVに感染する確率を抑える事ができます。

今回は「12月1日は世界エイズデー風俗の業界でも啓発!」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は欠きフォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※『通勤希望』『出稼ぎ希望』と記入いただくとスムーズです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015