風俗嬢は知的障害を持っている子たちが多い?>
ひとみさん
風俗嬢は障害を持った子たちが多い? 風俗嬢の実態とは?

風俗嬢になるほとんどの女性は、やむ終えない理由によって働いている人がほとんどです。借金をしてしまった学費が欲しいがバイトをしても稼げないなどお金に関して何かしら悩みがあります。
風俗は本来そういった女性達のセーフティーネットとしての役割を果たしています。中には普通の仕事ができないというような障害を持った女性が働いているというケースもあります。
今回はそんな障害を持つ風俗嬢についてフォーカスを当てていきたいと思います。

障害を持つ風俗嬢

障害というと知的障害というようなイメージがありますが、風俗嬢になる障害を持つ女性は軽度の障害を持つ女性がほとんどです。
例えば、パニック障害を持つ女性や軽度の障害を持つ女性です。一般の仕事をやっていたが仕事が難しくなってついていけなくなってしまい仕事をやめてしまったという人。
人間関係でうまく行かなくなり仕事をやめてしまったという人などが、お金も住むところもなくなってしまい。声をかけられたのが風俗のスカウトマンだったというケースです。
軽度の障害の場合、容姿なども健常者とほとんど変わりません、しかし契約書など難しい事が理解ができないために騙されてしまうという事が多いのだそうです。
スカトマンにとって軽度の知的障害者は魅力的だと言います。
悪く言えば騙しやすく、いいように使えるからだそうです。普通の女の子の場合、いろいろと質問をしてきますが、障害を持つ子は文句を言わないからなのだそうです。

なぜ軽度な障害者は風俗で働くのか?

障害にはレベルがあります。障害がない人を健常者とすると、ADHDのような精神疾患や発達障害、パニック障害、統合失調症などが軽度の障害と言われています。
中度、重度、最重度というようにレベルが高い障害は福祉サービスなどを受けられる事ができますが、軽度の障害を持つ人たちは、普通に健常者に紛れて生活をしていくという人が多くいます。中には自分自身で自覚していないという人もいます。
そうした女性たちが一般社会のレースについていけず、水商売や性産業へと流れていくのです。

しっかりとしたお店で働く事

ここで重要になるのは、障害者を騙すようなスカウトマンやお店に捕まらないという事です。そして何か変だなと感じたら、周りに人たちに助けを求めるという事が重要です。
やはり風俗などで働いている事がバレてしまうのが嫌で泣き寝入りをしてしまうという人が沢山いますが、詐欺や犯罪に巻き込まれてしまっては元も子もありません。
出稼ぎサポートは良質店だけを取り揃えています。事情を話していただければあなたに見合ったお店をご紹介する事も可能です。

いかがでしたでしょうか?
今回は「風俗嬢は障害を持っている子たちが多い?」についてご紹介いたしました。 出稼ぎ風俗求人サポートセンターでは、いろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは下記のフォーム、お電話、またはLINEから!どうぞお気軽にお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は欠きフォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※『通勤希望』『出稼ぎ希望』と記入いただくとスムーズです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015