台湾で同性婚が認められる!風俗業界からも賛美の声>
ひとみさん
出稼ぎ風俗求人サポートでは性的マイノリティーのニュースを取り上げています。
今回は先日、アジア初の同性婚認定になった台湾についてご紹介いたします。

出稼ぎサポートでは、以前からLGBTや性的マイノリティー、ニューハーフやFTM、MTFについてなどの特集を組んでいます。
今回は先日、アジア初となる 同性婚が認定された台湾について特集していきたいと思います。台湾がどのように同性婚に踏み切ったか?そして同性婚が認められた台湾の背景などを特集していきたいと思います。

台湾で同性婚が認められる!

台湾の憲法裁判所に相当する司法院大法官議会は24日に同性婚を認めない現行の民法の規定は違憲だとする憲法解釈を公表し、2年以内に法改正を命じました。
注目すべきなのは同性婚を認めるという表現ではなく、あくまでも婚姻の平等化という考え方です。
大法官はこの度、婚姻の平等化についてこのような理由があげられました。

・同性間で婚姻を認めたとしても、それが異性間での婚姻に影響することはない。社会秩序への悪影響もない。

・生殖と結婚とは関係がない。現行民法では、生殖能力がない人も結婚できる。結婚後に生殖できなくなったら離婚というわけでもない。

・「結婚するかどうか」や、「誰と結婚するか」を選ぶ権利は、誰もが持っているものだ。こうした自己決定権は、人格を健全に発展させ、人の尊厳を守るもので、憲法22条で保障された基本的人権の一つだ。

同性間で結婚できないのは、不合理な差別である。

とても明快でありとても大胆な決断をしたと、評論家も納得できるような判断を大法官は下しました。
また法改正が2年以内の終わらない場合、証人がいれば婚姻の登記ができるともしました。
同性婚が認められた場合、アジアでは台湾が初めての容認になります。

もともと台湾の総統である蔡総統は同性婚に対し意欲的で、支持率を稼いできましたが、反対運動やデモなどに影響からこの婚姻の平等化に踏み切れずにいました。その一歩を後押しするかのような判断を大法官が行ったのです。

台湾の同性婚に対する背景

同性婚に至った背景や台湾に住む人たちは、どのような反応なのでしょうか?
2015年の世論調査で『婚姻の平等化』を支持すると回答した人が約70%に上回るなどLGBTや性的マイノリティに理解があり寛容です。
2015年に執行された『パートナーシップ制度』も現在は1000組以上のカップルがこの制度を利用しています。台湾で毎年10月に行われるレインボープライドパレードはアジアの中では一番の参加者8万以上の参加があります。

では日本の場合はどうでしょうか?朝日新聞の世論調査によると同性婚を認めるべきか認めないべきか?について『認めるべき』が49%『認めるべきではない』が39%とされ、やや上回っていますが台湾に比べるとまだ認めるべきというパーセンテージは引くいです。また18歳〜29歳、30代では容認が7割を達しています。60代では、認めるべき、認めないべきが共に42%、70歳以上の場合『認めるべきではない』が63%と年代によってギャップがありそうです。
台湾では決議に2年はかからないとして同性婚に意欲的です。
パートナーシップが区単位で認められた日本。
今後、婚姻の平等化について議論が必要なのかもしれません。

いかがでしたでしょうか?今回は台湾同性婚についてご紹介いたしました。
他にも色々な質問あを受け付けております。下のフォームからお問い合わせください。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は欠きフォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※『通勤希望』『出稼ぎ希望』と記入いただくとスムーズです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015