戦時中も風俗嬢はいたの?慰安婦とは?>
ひとみさん
戦争中にも風俗嬢はいたの?慰安婦って一体何? 今回は意外と密接な関係がある戦争と風俗

アメリカの政権もトランプに交代され、北朝鮮の好戦的な姿勢から一触即発というようになっており、いつ戦争が始まってもおかしくないという状況になっています。
今回は戦争と風俗について特集をしていきたいと思います。全く関係がないように見える戦争と風俗ですが、実は密接な関係を持っている戦争と風俗、戦時中は風俗など自粛されていたの?

戦争と風俗の関係性とは?

戦時中は贅沢は敵という考えのもと風俗なども規制されていたという見方もあり、風俗業自体がなかった?というように思いがちですが、実は全く違います。
戦時中にも実は風俗の仕事は盛んに行われていました。みなさん慰安婦という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?慰安婦というと性奴隷というようなイメージが今はありますが、この慰安婦はもっとも尊敬された呼び名だったんです。慰安婦とは、つまり戦時売春婦
兵隊さんのための風俗という意味です。この慰安婦というのは基地の近くには必ず存在しました。やはり10代20代30代と性欲が旺盛な時期の男性が集められるわけですから、その性欲のはけ口として使われていたようです。
性欲が暴走しレイプ事件や殺人事件になってしまわないように、慰安婦がいたとされています。
この慰安婦は、れっきとしたお仕事でした。しかもお給料も高く、相手をする男性も若い鍛え抜かれた男性を相手をするということからとても人気のある仕事だったのです。
当時は、売春が認可されていた時代でしたので、本番のサービスは行われましたが、慰安婦への敬いからコンドームの着用なども義務付けられ、望まない妊娠などもほとんどなかったということです。

慰安婦の文化が色濃く残る街

慰安婦の文化が色濃く残る街があります。それは広島です。広島は日本の海軍最大の軍都でありました。広島には、毒ガスを作っていた島などもあり第二次世界大戦の頃には重要な場所でもあったのです。
そんな軍都にはやはり、兵隊さんの相手をする慰安所。遊郭がたくさん存在していました。
現在も風俗街で有名な薬研堀や弥生町、今は廃れてしまいましたが東遊郭などもありました。今でも旅館として運営している遊郭もあるようです。
沖縄も最後まで戦地であったため慰安婦などの文化が残っています。辻などは太平洋戦争で焼けるまで遊郭として栄えていました。今でもソープランドや風俗街として栄えていますがやはりもともとは、兵隊の慰安所として栄えていた場所でもありました。
このように男性が集まるところには確実に風俗ができます。戦争と風俗は関係ないように思えますが、実は密接な関係があったのです。

いかがでしたでしょうか?今回は戦争と風俗、慰安婦って何?について特集いたしました。
他にもたくさんの質問やお悩みなどお待ちしております。
お店のご紹介もしておりますのでお店探しのお手伝いもさせていただけます!

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は欠きフォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※『通勤希望』『出稼ぎ希望』と記入いただくとスムーズです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015