性同一性障害でも風俗で働く事ができるの?>
ひとみさん
最近何かと話題になっている性同一障害 性同一性障害でも風俗で働くことができるのか?

最近話題になっていいる『性同一性障害』。2017年2月25日から全国ロードショーとなった『彼らが本気で編むときは』の主人公の生田斗真演じるリンコもまた性同一性障害の女性です。
風俗の世界でも性同一性障害の方が働いているというお店もあります。
今回そんな知られざる性同一性障害についてと、性同一性障害と風俗についてご紹介していきたいと思います。

性同一性障害って一体何?

最近よくテレビなどで聞く性同一性障害。一体どのようなもののでしょうか?
性同一性障害とは、自分自身の生物学的な性と自分で認識している性とが別々になっているという状態のことを指します。例えば体は男性なのに自分の性認識は女性であるや、体は女性なのに自分の性認証は男性であるなどです。中にはどちらの性別にも属さないやどちらかの性別に決めたくないというようなアセクシャルやパンセクシャルと呼ばれる人たちもいます。
性的少数者を表すLGBTのTにあたりトランスジェンダーと呼ばれています。
一般的にはニューハーフやオナベなどと呼ばれていますが、差別的用語ととらえられる人たちも多くいます。最近では男性から女性へMtF。女性から男性へFtMと呼ばれています。
性同一性障害の中にもレベルがあり、性別を変えたい、戸籍上も性別を変えたいというレベルの人や、ファッションやメイクなどで表現をしている人や、中には心に密かに秘めて生涯を終える人など、性同一性障害の中にも様々な人たちがいます。
また生まれた時から性別に違和感を覚える先天性の性同一性障害性を意識したときから違和感を覚える後天性の性同一性障害もあるなど、カテゴリやジャンルに当てはめることのができない、まさにグラデーションのような性をLGBTの象徴であるレンボーカラーで現しています。

性同一性障害でも風俗で働けるの?

性同一性障害と風俗との関係性は実は古くからあります。 ニューハーフヘルスがそれにあたり、業界のなかでも古くからあるジャンルとして確立しています。
なぜここまで風俗との関係性があるのか?というと性同一性障害は手術費やホルモンを投与し身体の維持をしたいと思っている人が多く、高額なお金が必要になってくるため、風俗で手っ取り早く稼ぐというやり方が多いためです。
最近は、ニューハーフ系のヘルスにもいろいろな種類のヘルスがあります。例えば男の娘と言われる(女装はしているけど男性)でも働ける風俗店舗などもあります。
また性同一性障害の方の出稼ぎの希望者も多くなっており、出稼ぎサポートでは性同一性障害でも働ける風俗の店舗も多数契約させていただきました。
出稼ぎの場合は確実に保証がつくため、高収入を稼ぐ事が可能です。また寮や交通費なども充実したお店もご紹介する事ができます。
出稼ぎ以外にも、近場で働けるプチ風俗も最近は人気で、通いでも働ける風俗で、出稼ぎのような保証ありというお店も沢山あります。
ぜひ出稼ぎサポートに登録してみてください!
いかがでしたでしょうか?
他にもたくさんの質問やお悩みなどお待ちしております。
お店のご紹介もしておりますのでお店探しのお手伝いもさせていただけます!

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は欠きフォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※『通勤希望』『出稼ぎ希望』と記入いただくとスムーズです。
どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015