ひとみさん
現代の問題として高齢化が上げられていますが。風俗の業界でも高齢化が進んでいます。 今回は今の風俗が抱える問題、風俗と高齢化についてご紹介いたします。

現代の日本の問題に高齢化という問題が上げられます。日本の平均年齢は46歳です。今後この平均年齢は下がる事はなく日本はシニア大国として生きていかなかればいけません。
高齢化にともなう問題として年金などが上げられますが、性の業界にも変化が起きています、それは風俗の高齢化です。今回は風俗の高齢化について、そして高齢の風俗嬢が働く『超熟女店とは?』についてご紹介していきたいと思います。

風俗の高齢化、男性客の高齢化が進んでいる?

高齢化現象にともない問題になってくるのが男性の高齢化です。風俗に通う男性の平均年齢は50代がとなっています。
もちろん30代のバリバリ働いている男性が、ご褒美の為に性処理に来るというパターンもありますが、やはりお金に余裕がある40代50代の世代が多く風俗に通うのではないでしょうか?
40代や50代の男性は落ち着きもあり、あまりがっつかない。チップをくれる、など風俗の業界では一番質のいい世代とされています。現在は若い世代にむけた激安の風俗が人気ですが、高級店などは40代ん、50代の男性で賑わっています。
問題は、今後男性客の高齢化が進み、40代50代も年をとり風俗を利用しなくなってくるということです。いくつになっても男は男ですが、40代や50代の時よりも性欲は確実に衰えてきます。
そうなると男性客が激減していき風俗の業界も稼げず厳しくなっていきます。昔は誰でも稼げた時代から頑張らないと稼げない時代になってしまうのです。
しかし、それは10年20年後の話であり、今現在があまり気にする必要はありませんが今後、高齢化が進み風俗の価値観やありかたが変わってくるのではないでしょうか?

風俗嬢も高齢化!『超熟女店が人気!?』

人妻のブームから20年ほどたち、未だ人気の人妻風俗。40代50代の働く所謂、熟女店といわれる風俗店ができ、今迄風俗は若い女性が働くものという価値観が崩壊されました。そんな中、最近になり注目を集めているのは『超熟女店』です。
超熟女店とは60代や70代といったシニア世代が働く風俗で、中には80代になっても元気に働く風俗嬢もいます。
今年75歳を迎える、ジュリさんは一ヶ月先まで予約でいっぱいなのだそう。
実はシニア世代の風俗、いがいにも人気があります。超熟女店に通う男性の中には自分のお母さんや、おばあちゃんを連想し、ただ添い寝をしにいくというだけの男性や、60代の男性が同い年くらいの譲を指名し疑似夫婦を楽しむという男性迄います。
若い女性では出せない雰囲気やテクニックなどが超熟女店の人気の秘訣なのだとか。
超熟女店で働く女性も、夫婦間の性行為などもなくなり、欲求不満を解消する為に超熟女店で働いているという女性もすくなくありません。熟年になる事により、行為自体を楽しむ女性が増えているという事が超熟女店が人気の秘訣なのではないでしょうか?

いかがでしたでしょうか?今回は超熟女店や高齢化についてご紹介いたしました。
出稼ぎサポートでは、ほかにもいろいろな質問を承っております。ご質問おまちしております。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015