吉原遊郭からソープ街になった歴史>
ひとみさん
吉原というと何を思い浮かべるでしょうか? きらびやかな花魁?ソープ嬢?吉原の歴史を特集していきたいと思います。

吉原というと皆さん何を思い浮かべるでしょうか?きらびやかな和の装いの花魁のいる吉原遊郭でしょうか?それとも長身美人のいるソープ嬢のいるソープ街?中にはトルコ街だと言う人もいるのではないでしょうか?
正解はどれも正解。吉原は時代や条例と共に移り変わった街なのです。そんな変わりゆく吉原の歴史を今回は特集していきたいと思います。

吉原遊郭の誕生

男が通う極楽道、女が売られた地獄道。『吉原炎上』の冒頭に出てくる有名なナレーションです。吉原というとまず何を思い浮かべるでしょうか?
ほとんどの人たちはテレビのドラマや映画の影響で吉原というと、遊郭や花魁を一番始めに思い浮かべるのでないでしょうか?そんな皆さんの知る遊郭は江戸幕府によって公認された遊郭でした。
当時、江戸の人口江戸の都市機能を整える為に沢山の男性が江戸に集められました。江戸中期の人口は3分の2が男性だったそうです。
そんななか男性の娯楽のひとつとして作られたのが、吉原遊郭でした。初めは江戸日本橋近くに遊郭が立てられましたが、明暦の大火によってやけ、現在の場所に遊郭は移りました。
遊郭が吉原に移動しても、幾度と泣く火事がおこり、その度に形を変えて行ったと記録されています。安政2年に起きた地震による火事では遊郭内の死亡者は、千人以上にのぼったといいます。

吉原遊郭からトルコ街へ

明治期以降になると政界や財界の社交場は吉原から東京の中心地にある花街に移動をしていき、吉原の勢いは落ちていきます。そして戦後になるとキリスト教女性団体である婦人矯風会の運動により、昭和32年に売春防止法が施行され、吉原遊郭は幕を下ろします。
その後、すぐには遊郭は無くなりませんでしたが、幾度もの摘発により遊郭は解散しました。吉原には遊郭の変わりにその当時流行っていたトルコ風呂が乱立し吉原のイメージは遊郭から一気にトルコ街というイメージに変わりました。トルコ風呂とはスチーム風呂で垢擦りをするというものが一般的ですが。おスペと言われるスペシャルサービスに抜きサービスが取り入れられ、そのうち自由恋愛のもと本番行為まで行う事の出来るという場所にまでかわりました。今迄遊郭であった場所は遊郭からトルコ風呂に業態を変えていったのでした。
その後、1981年から1984年にかけて東京大学に留学をしていたトルコ人がショックを受け1984年にトルコ風呂の名称の変更の講義をし、その後一般公募により『ソープランド』という名前が付けられました。

遊郭→トルコ街→ソープ街へ

このように吉原遊郭は、幾度もの火事や、売春防止法により形を変えていきます。
万博やオリンピックなどの外国人誘致などにも、イメージを悪くさせないために、ソープランドは何件も摘発を受けました。
県の条例や地方自治体の条例によってソープランドは新しく作る事は出来ないため、一度無くなってしまった場合、そこで営業することは出来ません。
2020年に行われる東京オリンピックに向けてまた風俗のあり方が変わっていくのではないでしょうか?

いかがでしたでしょうか?今回は吉原の歴史についてご紹介していきました。
他にもいろいろな質問をお待ちしております。お問い合わせは貴女が一番簡単だと思う方法で大丈夫です。電話やLINEでも連絡受け付けております。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は下記フォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015