消え行くストリッップ劇場!ストリップと風俗>
ひとみさん
今回はストリップについて特集していきたいと思います。 ストリップの歴史やストリップの魅力についてご紹介していきます。

風俗業界において重要な存在であるストリップ。そのストリップ劇場が今東京から無くなろうとしています。そして今ストリップはただのエロから進化しているのをみなさんご存知でしょうか?
今回はそんなストリップの魅力をご紹介していきたいと思います。

ストリップってそもそも何?

ストリップっていったい何?
何となく存在は知っているけど実際にどこにあるか解らない。中ではどんな事が行われているのか解らないのでは無いでしょうか?今回はそんなストリップについて徹底解剖していきたいとおもいます。
ストリップとはステージのある劇場で音楽にあわせて服を脱いでいく(strip)ショーを観賞する事の出来る場所です。ストリップ劇場は場所によってステージは変わりますが。花道や花道の先に円台があるステージ、ステージ自体が円台になっている劇場やポールが設置してあるステージかあります。
その上で踊り子と言われる女性が、音楽に合わせてパフォーマンスを行います。大体が15分ほどの持ち時間で各々の演目を行います。官能的な本格ストリップから、お笑いのストリップ、アソコから火や矢を吹くストリップ。きらびやかな衣装で団体で行うストリップなどがあります。一回の公演が約100分ほどで途中で小休憩がはいります。
大体の相場ですが一般が5000円、女性が3,500円シニア、時間で4,000円など割引がつくところもあります。驚かれる方もいるとは思いますが、実はストリップは女性も入る方が結構いるんです。
本格的なダンサーを引き連れきらびやかなショーはさながらバーレスクのよう。ストリップはエロが目的というイメージがありますが、このようにショーが目的という女性も多くいるのだそうです。

ストリップの今と歴史

ストリップの歴史ですが全盛期には全国に300軒あったストリップ劇場がありました。しかし1985年の風営法改正以降に閉店が相次ぎ現在生き残ったのは26劇場に現象しました。
風営法改正前は殿方達の性の娯楽としてあったストリップ劇場ですが、改正前は、『まな板ショー』(その日の客の中から選ばれた人が踊り子とセックスをする)というショーなども行われていました。他人の性行為や女性の体を見る事がストリップでしか見れなかった時代でした。
しかしインターネットの普及やメディアの普及によって簡単に女性の裸をみることができるようになりました。
しかし、今ストリップのあり方が変わってきています。ストリップはアンダーグラウンドな芸術の文化として評価され始めました。昔はエロが主体でしたが、現代のストリップは、もはや芸術といっても過言では無いといっていいほど進化しました。ストリップの踊り子になりたいという志願者も増え今迄はやらされているストリップから、ダンサーが表現できる場所としてストリップは今変わって来ているのです。
しかし、やはり経営的にストリップ劇場が増えていく事は無く。このままストリップ劇場は絶滅して行ってしまうのでしょうか?
ストリップ劇場は沢山の文化を生みました。ビートたけしもストリップ劇場で漫才をやっていた時代がありましたし、今では当たり前に使っているウォシュレットのビデもストリップが無ければ開発されなかったそうです。
今ストリップ劇場のあり方を考えなくてはならない時代になったのかもしれません。

いかがでしたでしょうか?ストリップ劇場について今回は特集いたしました。
他にもいろいろな質問をお待ちしております、。お問い合わせは貴女が一番簡単だと思う方法で大丈夫です。電話やLINEでも連絡受け付けております。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は欠きフォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015