世界の風俗:ドイツの風俗特集>
ひとみさん
世界の風俗シリーズ第2弾!!今回はドイツです。 国が違えば風俗も違うドイツの風俗

前回(かなり昔ですが)大好評だった世界の風俗シリーズ第2弾!!前回は死ぬ迄に一度は行っておきたい風俗大国タイについてご紹介いたしました。
今回は、少しはなれたヨーロッパいスポットを当て行きたいと思います。国が違えば風俗も違う。今回はドイツの風俗特集です。

世界の風俗:ドイツの風俗は桁違い!

アメリカは売春が禁止なのでヨーロッパも売春が禁止なのでは?とおもっている方も多いと思いますが、実はその逆。実際のヨーロッパは、ドイツ、オランダをはじめとする多くの国で売春が合法化されているんです。
オランダはマリファアななども合法だし、快楽的なことに寛容なんですね。ヨーロッパでは、ドイツ、オランダ、ベルギー、スイス、フランス、ドイツ、オーストリア、イタリア、スペイン、ギリシャ、チェコと国々で条件や規制などはありますが、ほとんどが売春が合法の国なんです。
その中でもドイツの風俗は桁違いドイツの国営の風俗があるほどなんだそう。今回はドイツの知られざる風俗をご紹介していきます。

FKK
ドイツと言えばこのFKKと言われるモノが風俗の代表のひとつなのではないでしょうか?FKKとは『Frei-korper-kultur』の頭文字をとって呼んでいます。ドイツ語で「自由な肉体文化」という意味で他にも『ヌーディズム』という意味のあるんだそうです。
施設は日本で言うと混浴のスーパー銭湯のような場所で、中には受付、ロッカールーム、シャワー室やジャグジー、サウナやスパ、プレイルームと本当にスーパー銭湯のような場所。
 FKKによっては軽食コーナー(ディナー以外は無料)やお酒の飲めるバー、マッサージコーナーやプールまでついています。
FKKでは基本男性も女性も全裸またはタオルなどで行動します。
FKKへの入場料金は 平均で50〜60ユーロ(約6,000円〜7000円)で少し高めなイメージがありますが、中の施設や軽食のバイキングを楽しめスパも楽しめるわけですから、決して高くはないのでは無いでしょうか?
入場後は、中にいる女性と交渉して、プレイを楽しむという流れです。プレイ料金は30分で50ユーロが相場だそうです。広々とした施設。開放的なイメージは、日本の風俗と打って変わります。ドイツにとってFKKは大人の社交場なのです。

エロスセンター
名前がど直球ですが、このエロスセンターもFKKと肩を並べるほど代表的なドイツの風俗です。なぜかというとドイツ国営の風俗店だからです。エロスセンターのほとんどが国が管理している訳です。公務員と同じという訳ですね。このエロスセンターはドイツの風俗街フランクフルトに多くあります。施設としては、マンションやホテルのような建物まるまる一棟で、夜になるとネオンやライトなどで怪しく照らされます。
FKKとは違い、部屋の扉の前に女性が待ち男性を誘惑し、そのまま部屋でプレイをするというシステムです。階が上に上がれば上がるほど、女性の質や料金が上がっていくエロスセンターもあるそうです。 エロスセンターの相場は25ユーロから50ユーロほどでFKKよりも格安なんだとか。

このように性に開放的なくにドイツ、日本人が行ったら確かに驚いてしまうかもしれません。異国文化を体験するにはいいかもしれません。
いかがでしたでしょうか?今回はドイツの風俗についてご紹介いたしました。
性に対するお問い合わせや、お店に対するお問い合わせ方法はフォーム、または電話LINEなど貴女の一番簡単な方法で大丈夫です。お問い合わせお待ちしております。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は欠きフォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015