不謹慎?震災と風俗の実態>
ひとみさん
不謹慎?震災と風俗の関係とはどんな関係なのでしょうか? 震災後に癒しをもとめる男性達とは……。

2016年4月14日に熊本を中心に震度6以上の強い地震がありました。その後余震に続くM7.3の本震がやってきました。地震によりお亡くなりになられた方、残されたご家族方へココロよりご冥福をお祈りいたします。
そして阿蘇山噴火や、暴風、雨、そして続く余震。
不安で眠れないという日々が続いていると思います。一刻も早くの復興をお祈りしています。

さて今回は、震災と風俗のお話です。震災中に不謹慎という意見もあるとはあ思いますが、震災と性について、とても重要なことだと思い、今回特集する事にしました。

震災後の風俗について

震災中、水も電気も通らない、食料も無い中で風俗なんて不謹慎だ。という方もいると思います。もちろん現在は余震も続き建物の中にいる事自体危ないため、風俗を利用するという男性も少ないかと思います。
熊本にあるソープランドも地震によりガラスが割れたり、破損したりと被害を受けたの出そう。断水や電気の通らないなので営業は少し後になりそうです。デリヘルも交通機関の麻痺によって出勤できないという事態もありますが、営業はしている状態だそうです。
実は、震災と風俗、震災と性とは実はとても重要な事なんです。1995年に起きた阪神淡路大震災では、復興がおくれ、ストレスの溜まった男性達が女性をレイプするという事件も多数起きています。
また、地震のストレスや避難生活などの普段起きない事件により気持ちが高ぶり、その気持ちをどこにぶつけていいか解らなくなった男性は、性に発散するという人も多くいます。また、命の危険を感じた男性が子孫を残そうという本能が性欲を高ぶらせるの出そう、現に東日本大震災が起きた次の日の風俗はとても混んだの出そうです。
このように三大欲求である性。震災によって食料が無い、寝る事が出来ないということと同じように性を発散できないという震災の現実があります。

癒しを求められた震災後の風俗

震災後の風俗は、抜くという行為よりも癒しを求めてくるという男性が多くいます。やはり、家が倒壊してしまった車が潰れてしまった、ご家族を無くされた方などもいます。風俗に来る=抜きにくるという訳ではなく その不安やストレスを癒しにくるのです。断水によって入浴が出来なくなってしまった人達へ入浴の手助けや体を洗ってあげたり、マッサージをしてあげたり、お話を聞いてあげたりという行為の方が多いの出そうです。
また仮設住宅は壁が薄く、声が漏れてしまう、隣に寝ている子供達を起こしてしまうということからセックスレスになってしまい風俗で抜きにくるという男性もいるのだそうです。
このように被災と風俗は全く関係ないという場所にはありません。
まずは復興をするという事が大切ですが、性の現実もみる必要があります。

いかがでしたでしょうか?今回は震災と風俗について特集いたしました。出稼ぎ風俗求人サポート運営スタッフ一同ココロよりご冥福と復興をお祈りしています。
お問い合わせ方法はフォーム、または電話LINEなど貴女の一番簡単な方法で大丈夫です。お問い合わせお待ちしております。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は欠きフォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015