インフルエンザに注意!風俗の業界で流行っています>
ひとみさん
インフルエンザが大流行中ですが、風俗の業界でもインフルエンザはやっています。 インフルエンザの予防方法や気をつけることをご紹介いたします。

現在インフルエンザが過去最大に流行中なのだそうです。ひとみの周りも、一度もインフルエンザになった事が無いという人が今年初めてインフルエンザにかかったり何十年ぶりにインフルエンザにかかったという人が多くいます。
風俗の仕事をしているとやはり人と接する機会が多いという理由もあってインフルエンザなどになりやすいという傾向があります。インフルエンザの場合は、保菌者の唾液や体液などから感染するので、キスをしたりオーラルセックスをする風俗嬢は普段よりも気をつけなければなりません。
今回はそんなインフルエンンザについてご紹介していきたいと思います。

インフルエンザで気をつけなければ行けない事。

インフルエンザの症状として ・発熱(38度から40度近い高熱がでます) ・さむけ悪寒・頭痛・強度の関節痛・筋肉痛・腰痛があげられます。
高度の発熱と関節痛、悪寒がある場合、普通の風邪では無くインフルエンザの可能性がありますので病院で検査をする必要があります。
インフルエンザに感染すると診断されてから最低でも5日間は保菌者となりますので、学校や会社、アルバイトなどを休まなければ行けません。風俗の仕事は完全歩合制にため休んでしまうと収入が0になってしまいます。ですので出来る限りインフルエンザにならない様に 心がける必要があります。
風俗の仕事は他の接客業よりもお客さんに接近します。キスやオーラルセックスなどを行いますので他の業種よりもインフルエンザになりやすいという傾向があります。
ですので、インフルエンザの予防接種やマスクなどの着用。手荒いうがいの徹底などを普段より心がける必要があります。

体調が悪いと思ったら休む!

体調が悪いと思ったら風俗のお仕事をお休みをしましょう!もちろんお店が忙しいから休めないというところもあるでしょうが、インフルエンザの場合は潜伏期間等もあり、発熱するまでインフルエンザと解りません、潜伏期間中にお客さんに移してしまうということもあり得ます。また免疫が低下している時は、性病になりやすいとい状態ですので、性病を貰う可能性も出てきます。
また、集団待機所でウイルスが万永しているという可能性があります。常にマスクを心がける。手洗いうがいを心がけ、インフルエンザを撃退しましょう!

いかがでしたでしょうか?インフルエンザについてご紹介しました。普通の接客業よりもお客さんに触れる機会の多い風俗業はより体調管理に気をつける必要があります。
お問い合わせ方法はフォーム、または電話LINEなど貴女の一番簡単な方法で大丈夫です。お問い合わせお待ちしております。

過去のコラム

お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

下記のフォームより必要事項を入力の上、ご応募下さい。
もちろん質問だけでも、お気軽にご連絡下さい。
出稼ぎ風俗求人サポートに関する、ご質問やご相談は欠きフォームよりお願いいたします。

※必須項目は全てご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。
※ご記入のメールアドレスに返信されますので正確にご記入くださいますよう、よろしくお願いいたします。 ※メールアドレスをお持ちでない方は、0120-887-707までお電話下さい。

お名前 (例)あい
メールアドレス (例)xxxx@xx.com
電話番号 (例)xx-xxxx-xxxx
ご希望エリア
生年月日
お悩み・質問等

※どんなお悩みでもお気軽にご相談ください。

あなたは現在、18歳以上ですか?
(高校生不可)

はい。私は18歳以上かつ高校生ではありません。

※18歳未満(高校生を含む)は応募いただけません。

ID:work2015