仙台、復興バブルはいつまで続く?>

仙台、復興バブルはいつまで続く?

今現在東北では復興バブルで賑わいを見せています。

なかでも仙台は東北6県の中で一番の繁華街で仙台のデパートなどは毎週人でごった返すほど、高級料理店などの接待に使われるお座敷なども今迄は使われていませんでしたが、震災後、復興バブルがおとずれるとお座敷に火がともるようになりました。
なぜこんなにも復興バブルがおこっているのか?というと実はこの東日本大震災壊滅状態になった東北では役所に申請をするだけで◯◯支援金と毎月のように数十万円が振り込まれているそう。
Yさんは震災後、国や県から受け取った金額は1千万円近くになるそうです。
30代から40代のサラリーマンの平均年収が約300万円ですので、約3倍ものお金が手に入るのだそう、仙台や盛岡などの東北の大都市のパチンコ店やキャバクラなどは超満員。
もちろんその恩恵は風俗にも来ています。
仙台のデリヘルは女の子が足りないほど、ラブホテルは全室満員になるほどだそうです。
風俗の場合は県外がら復興の為に出稼ぎに来た建設作業員や土木作業員なども多いというのも理由のひとつになっています。今現在、出稼ぎにに来た人口を含めると割合的に男性の方が多くなっています。
男性が多いところはキャバクラや風俗が自動的に賑わいます。また、過重労働のため、ストレスが溜まりやすく派手に遊んでいくというお客も多くなりました。
さてこの復興バブルはいつまで続くのでしょうか?
復興バブルと騒ぎだしたのが2012年ころ。まだこのバブルは続くと称されていますが、基本的に物事は3年周期で動くものつまり2015年を過ぎたあたりには復興バブルも終息を迎えるという予測になっています。つまり今年を逃すと復興バブルにあやかれない可能性が出てくるのです!!

仙台の某風俗店店長に聞いたところ「まだ景気はいい方だと言っていますが、このバブルがいつ終わるか解らない。稼ぐなら今なのかもしれません。」とのこと。思い立ったら吉日です。
風俗業界は2月3月は低迷期。そんな時こそ景気のいい東北へ出稼ぎに言ってみては?

無料カウンセリング予約はコチラ

仙台に関する記事

オススメエリア

東京や大阪など住み込みで働きやすいエリアをご紹介