堀之内、「ちょんの間」とは?

川崎の堀之内にある「ちょんの間」とは店先の女性と交渉して、布団の敷かれた2、3畳の小部屋で性的サービスを受ける、通称「ちょんの間」
その語源は諸説あるが「ちょっとの間で事を済ます」というのが最も有力だそう。
ちょんの間売春防止法が執行されるまでこの地帯は『赤線』として政府公認で売春が行われていたが、それ以前から、『青線』と呼ばれる非合法売春地帯が存在し、「ちょんの間」のほとんどは青線の名残であると言われてきた。
2005年1月に神奈川県警による取り締まりが強化され、「ちょんの間」は一掃された。以後ちょんの間として使われていた建物は、レンタルルームなどに姿を変え近年ではアーティストやクリエイターが活躍する場所としている。
堀之内ではそんな歴史もあってからか堀之内町周辺は風俗店舗で軒を連ねており、そのほとんどがソープランド
「写真だけでも見てって。嫌ならすぐ出てってもらって良いんで、お兄さん!お兄さん!」と客引きをしている光景が目に付く。
現在は摘発されたちょんの間も裏路地に何件か残すのみで、現在は合法のソープランドが堀之内のメイン通りを彩っている

やはり時代の波には逆らえず『ちょんの間』はほかの風俗店舗に押され閉店していくお店が多い。

無料カウンセリング予約はコチラ

川崎・堀之内に関する記事

オススメエリア

東京や大阪など住み込みで働きやすいエリアをご紹介